ニュース
» 2010年09月21日 20時30分 UPDATE

ビデオキャッシュ機能付き:挑戦者、YouTube対応ネットワークメディアプレーヤー「Rock Tube」

「挑戦者」がアイオープラザ専売ブランドとして復活した。第1弾はYouTube対応のネットワークメディアプレーヤー「Rock Tube」だ。

[ITmedia]
tm_1009rt01.jpg 「Rock Tube」(型番:CL2-001LP)

 アイ・オー・データ機器は9月21日、「挑戦者」ブランドの新製品として、YouTube対応ネットワークメディアプレーヤー「Rock Tube」(型番:CL2-001LP)を発表した。出荷は9月末から10月上旬の予定。価格は9800円だ。

 挑戦者とは、アイ・オー・データ機器が展開していたパワーユーザー向けのPCパーツブランド。メーカー保証およびサポートがない代わりに、低価格を実現していた。Rock Tubeは同社の直販サイト「アイオープラザ」専売ブランドとして復活した、挑戦者のリニューアル第1弾製品となる。

 特徴はYouTubeの再生機能を備えること。HDMI出力を搭載し、YouTube HDの映像コンテンツをリビングのテレビなどで視聴できる。YouTubeの動画を再生する際には、最高解像度の動画を自動的に取得して再生する仕組みだ。

 YouTubeの動画をUSBストレージにキャッシュできる「ビデオキャッシュ」機能も搭載し、オフライン時やインターネット接続環境に問題がある場合でも、USBストレージからコンテンツを視聴できるようにした。リモコンの赤いボタンを押すとキャッシュが始まり、メニュー画面のキャッシュ済みリストに登録されれば、インターネット接続なしでコンテンツが再生可能になる。

 ネットワークメディアプレーヤーの機能としては、USBストレージ内やWindows搭載PCの共有フォルダ内にあるメディアファイルの再生に対応。動画は1920×1080ドットまでのWMV9、MPEG-2 PS、MPEG-2 TS、MPEG-4 AVC/H.264、720×480ドットまでのMPEG-1、MPEG-4をサポートし、静止画はJPEG、BMP、PNG、GIF、音楽はWMA9、WMA9 Pro、MP3、MP2、リニアPCM、AACを再生できる。

 映像出力はHDMI、コンポジットビデオ、音声出力は光デジタル、RCAステレオを装備。2基のUSB 2.0、100BASE-TX対応の有線LAN、IR端子を搭載する。本体サイズは170(幅)×148(奥行き)×29(高さ)ミリ、重量は約640グラムだ。製品にはリモコンが付属する。

 なお、同社は発売後の有償ファームウェアによる機能強化も計画している。現時点では、YouTubeプレーヤー機能の向上、YouTube以外の動画配信サイトへの対応、メディアファイル再生機能の強化、ユーザーからフィードバックがあった機能の追加を検討しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.