ニュース
» 2010年10月05日 10時00分 UPDATE

2010年PC秋冬モデル:全モデルでモバイルWiMAXを標準搭載──「dynabook R730」

東芝の薄型モバイルPC「dynabook RX3」が「dynabook R730」と名称を変えて登場。TDP35ワットの高速CPUとモバイルWiMAXをすべてのモデルで採用する。

[ITmedia]

上位構成、下位構成ともにCPUを強化。モバイルWiMAXも導入

kn_r730_01.jpg dynabook R730

 2010年秋冬モデルとして登場するdynabook R730は、従来のdynabook RX3の後継モデルだ。搭載するCPU、液晶ディスプレイ、データストレージ、OSなどの違いで「R730/39A」「R730/38A」「R730/27A」「R730/26A」の4モデルが用意される。実売予想価格は「R730/39A」が24万円前後、「R730/38A」が21万円前後、「R730/27A」が19万円前後、「R730/26A」が17万円前後の見込みだ。

 ボディはdynabook RX3と共通で、液晶ディスプレイサイズは13型ワイド、解像度は1366×768ドットと変わらない。サイズは約316(幅)×227(奥行き)ミリ。厚さはモデルによって異なり、軽量薄型タイプの液晶ディスプレイを採用する「R730/39A」「R730/38A」は18.3×24.7ミリ。「R730/27A」「R730/26A」は16.8〜26.6ミリになる。

 重さも、搭載するバッテリーの種類や液晶ディスプレイのタイプ、データストレージデバイスの違いでモデルごとに異なる。軽量薄型液晶ディスプレイとSSDを搭載し、6セルと9セルのバッテリーを標準で用意する「R730/39A」は、6セルバッテリー搭載時で約1.27キロ、9セルバッテリー搭載時で約1.42キロ。軽量薄型液晶ディスプレイとHDD、そして6セルバッテリーを搭載する「R730/38A」は約1.37キロ。通常タイプの液晶ディスプレイとHDDを採用する「R730/27A」「R730/26A」は約1.49キロだ。

 バッテリー駆動時間は、「R730/39A」が6セルバッテリー搭載時で約11時間、9セルバッテリー搭載時で約16時間。「R730/38A」「R730/27A」「R730/26A」が6セル搭載時で約10時間、オプション扱いの9セルバッテリー搭載時で約15時間。

 CPUはすべてのモデルでTDP35ワットタイプを採用する。「R730/39A」「R730/38A」「R730/27A」はCore i5-560M(2.66GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.2GHz)、「R730/26A」はCore i3-370M(2.4GHz)を搭載する。チップセットはすべてのモデルでIntel HM55 Express。グラフィックス機能はCPUに統合するIntel HD Graphicsを利用する。

 システムメモリは、標準構成でDDR3-1066を4Gバイト実装する。最大容量は8Gバイトだ。データストレージは、「R730/39A」で128GバイトのSSDを内蔵し、「R730/38A」「R730/27A」で500GバイトのHDD、「R730/26A」で320GバイトのHDDになる。

 本体に用意するインタフェースは、4モデルでほぼ共通し、SDメモリーカードスロット(SDHC、SDXC対応)、PCカードスロット(TYPE II準拠)、アナログRGB出力、HDMI出力、USB 2.0×3基(内1基はeSATA兼用)を備える。ネットワークは、1000BASE-Tまで対応の有線LANとIEEE 802.11 a/b/g/n対応の無線LAN、そして、モバイルWiMAXが全モデルで利用できる。

 OSは、「R730/39A」「R730/38A」がWindows 7 Professionalで、「R730/27A」「R730/26A」がWindows 7 Home Premiumになる。どちらも、64ビット版と32ビット版が初期利用時に選択可能だ。また、Microsoft Office Home and Business 2010も標準構成で用意される。

dynabook 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
dynabook R730 R730/39A 2スピンドルノートPC CPU強化、モバイルWiMAX対応 Core i5-560M(2.66GHz、最大3.2GHz) 4Gバイト(DDR3) 128GバイトSSD 32/64ビット版 7 Professional 24万円前後
R730/38A 2スピンドルノートPC CPU強化、モバイルWiMAX対応 Core i5-560M(2.66GHz、最大3.2GHz) 4Gバイト(DDR3) 500Gバイト 32/64ビット版 7 Professional 21万円前後
R730/27A 2スピンドルノートPC CPU強化、モバイルWiMAX対応 Core i5-560M(2.66GHz、最大3.2GHz) 4Gバイト(DDR3) 500Gバイト 32/64ビット版 7 Home Premium 19万円前後
R730/26A 2スピンドルノートPC CPU強化、モバイルWiMAX対応 Core i3-370M(2.4GHz) 4Gバイト(DDR3) 320Gバイト 32/64ビット版 7 Home Premium 17万円前後

dynabook シリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook R730 R730/39A 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM55 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/ Office Home and Business 2010 約1.27キロ
R730/38A 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM55 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/ Office Home and Business 2010 約1.37キロ
R730/27A 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM55 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/ Office Home and Business 2010 約1.49キロ
R730/26A 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM55 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/ Office Home and Business 2010 約1.49キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう