ニュース
» 2010年10月13日 19時30分 UPDATE

A4モノクロ複合機はラインアップ一新:キヤノン、40ppmのA4モノクロレーザープリンタ「Satera LBP6700」

キヤノンは、ビジネス向けレーザープリンタ「Satera」シリーズの新機種として、A4モノクロ対応の単機能機2モデルと複合機7モデルを発表した。

[ITmedia]

A4モノクロ単機能機にシリーズ最速モデルとコンパクトモデルを追加

 キヤノンは10月13日、ホームオフィスや中/小規模事業所向けのA4モノクロレーザープリンタ「Satera LBP6700」と「Satera LBP6200」を発表した。いずれも10月下旬に発売する。価格はLBP6700が9万8000円、LBP6200がオープン(予想実売価格1万9980円前後)。

tm_1010satera_01.jpg 「Satera LBP6700」
tm_1010satera_02.jpg 「Satera LBP6200」

 LBP6700はSateraのA4モノクロレーザープリンタ最上位機種。新開発のプリントエンジンにより、印刷速度を従来機種の33ppmから40ppm(A4縦)に高速化しているのが特徴だ。オンデマンド定着技術とディープスリープモードを採用し、待機時消費電力を7ワットから1.3ワット以下に低減しつつ、ファーストプリント速度を8秒から7.5秒に高速化した。自動両面印刷ユニットも標準装備し、20ppmで両面印刷が行える。トナーカートリッジは一体型だ。

 給紙機構は、標準装備のカセット(500枚)とトレイ(100枚)に、オプションのペーパーフィーダー(500枚)を2段装着することで、最大1600枚の給紙に対応する。液晶モニタは最大5行の文字やアニメーション表示機能を備えたワイドLCDパネルを採用した。インタフェースはUSB 2.0、100BASE-TXの有線LANを標準装備し、オプションでパラレルを用意する。TEC値は1.82キロワットアワー。本体サイズは454(幅)×424(奥行き)×342(高さ)ミリ、重量は約16.7キロだ。

 LBP6200は省スペースに配慮したモデル。自動両面印刷ユニットを内蔵しつつ、本体サイズは379(幅)×293(奥行き)×243(高さ)ミリ、重量は約7キロに抑えた。印刷速度は片面で25ppm、両面で15.4ppm、ファーストプリントで6秒だ。インタフェースはUSB 2.0を標準装備し、ネットワークはオプションとなる。待機時の消費電力は約1.2ワット、TEC値は0.70キロワットアワー。

A4モノクロ複合機は7機種を一挙投入

tm_1010satera_03.jpg ハイエンドモデルの「Satera MF4580dn」

 キヤノンはA4モノクロレーザー複合機の新機種として、「Satera MF4580dn」など7機種も同時発表した。いずれも10月21日に発売する予定だ。価格はオープンで、ハイエンドモデルのMF4580dnは実売価格が4万7980円前後と予想される。

 MF4500シリーズ(MF4580dn/MF4570dn/MF4550d/MF4450)はコピー、プリント、スキャン、FAXの4機能、MF4400シリーズ(MF4430/MF4420n/MF4410)はコピー、プリント、スキャンの3機能を備えたモデルだ。MF4500シリーズは自動両面印刷機能も持つ。

 新開発のエンジンを搭載し、印刷速度はMF4500シリーズで25ppm、MF4400シリーズで23ppmとなる。オンデマンド定着技術などの採用により、ファーストコピー時間は9秒以下、スリープ時消費電力は3ワット以下を達成した。液晶モニタはアニメーション表示も可能な5行LCDパネルを搭載する。

 ボディは前面部に光沢仕上げのピアノブラックを採用し、デザイン面にも配慮した。MF4580dnの本体サイズは390(幅)×448(奥行き)×361(高さ)ミリ、重量は約13.4キロだ。

tm_1010satera_04.jpg ミドルレンジモデルの「MF4550d」
tm_1010satera_05.jpg エントリーモデルの「MF4410」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう