ニュース
» 2010年10月21日 07時35分 UPDATE

MacでもFaceTimeが可能に:アップル、「FaceTime for Mac」のパブリックβを公開

iPhone 4でおなじみの「FaceTime」をMacで利用する「FaceTime for Mac」のパブリックβが公開された。

[ITmedia]
og_facetime_001.jpg

 次期Mac OS X“Lion”11インチMacBook Airが発表されたアップルのイベント「Back to the Mac」にあわせて、ビデオ通話機能「FaceTime」をMacで利用できる「Face Time for Mac」のパブリックβ版(13.4Mバイト)が公開された。アップルのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 FaceTimeは、iPhone 4新型iPod touchに搭載されている無線LANを使ったビデオ通話機能。FaceTime for Macにより、MacとiPhone 4/iPod touch、もしくはMacどうしでビデオ通話が利用できるようになる。通話先はアドレス帳の電話番号(相手がiPod touch/MacならEメールアドレス)で呼び出すことが可能だ。通話相手がiPhone 4/iPod touchを回転させるとデスクトップ上の通話画面も追従して回転する。また、Macを使用中に誰かに呼び出された場合は、FaceTimeを実行していなくても、自分が所有する起動中のすべてのMacが音で知らせてくれる(オフも可能)。なお、利用にはMac OS X Snow LeopardとApple IDが必要だ。

og_facetime_004.jpgog_facetime_005.jpg 通話相手のカメラの向きに追従してMac側の画面も回転する

og_facetime_002.jpgog_facetime_003.jpg 呼び出しは連絡先リストからクリックするだけ、呼び出された場合は音で知らせてくれる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-