PR

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:第1回 世界初「WiMAX2動態デモ」よりひもとく、“WiMAXが2年進んでいる”理由 (1/2)

日本のワイヤレスブロードバンド環境は、海外から訪問した人たちが驚くほど充実している。UQコミュニケーションズがCEATEC JAPAN 2010で公開した次世代「WiMAX2」の動態デモより、WiMAX2がなぜもっとも近い「次世代」なのか、本田雅一氏が解説する。

日本は、米国より“2年リード”した恵まれたワイヤレスブロードバンド環境がある

 今すぐに手に入る次世代。日本では今、海外から訪問した人たちが驚くほど充実したワイヤレスブロードバンド環境が現存している。その進捗は米国でのWiMAX展開と比較しても”2年”もの大幅なリードだ。このアドバンテージを作り上げている主役は、UQコミュニケーションズのモバイルWiMAX網である。

 モバイルWiMAXサービスを、果たして定額制3Gサービスとどちらがよいのか? と比較する向きもあるが、そこには歴然たる大きな差がある。世界をリードしているこの2年を、有効に使わなければもったいない。モバイルWiMAXなら、今すぐに次世代ワイヤレスブロードバンド環境とはどんなものかを体感し、仕事にもプライベートにも活用できるのだから。

photo

 昨今、世界中で3Gネットワークが普及し、かつては考えられなかったようなサービスが、当たり前のように提供されるようになった。例えば、以前ならば海外でワイヤレスデータ通信サービスを受けようと思うと、とてもではないがPCのインターネットアクセスでは利用できないほどの高額課金を覚悟しなければならなかった。

 ところが今や3G網の充実、3Gデータ通信速度の拡張(HSPA対応など)により、主要先進国のほとんどで、誰でも利用できる定額データ通信サービスが利用可能である。さらにはデータ通信経路と認証プロセスを見直すことで、国際データローミングでも定額通信が行える。あるいは3G無線ルータを貸し出し、現地データ通信サービスを日額1500円ほどで提供する企業も成田で営業を始めている。

 3Gのサービスが本格的に開始されて約10年、3Gネットワークは成熟の域に達してきているが、一方でデータ通信容量に関しての問題は切迫した問題として認知されるようになってきた。“ネットワーク帯域の使い方”に枠組みをはめることができないスマートフォンが急速に普及したことで、携帯電話会社はデータ通信需要の増分を持て余し気味だ。

 3Gネットワークも改良を加えることで、データ通信容量を増やしてきたものの、どこかのタイミングでは次の世代へと向かわなければならない。ここで言う“次の世代”とは、次世代の高度な信号処理技術を用いた無線通信技術のことである。

 無線通信の速度、通信容量は許可された幅の周波数帯域を、いかに効率よく利用できるかによって決まる。スマートフォンやモバイルコンピュータの増加によって増える爆発的な通信量をさばくには、抜本的な対策が必要となるということだ。

 では抜本対策をこれからどうやっていくのか?

 実は抜本的な対策は、特に都心に関しては最終の仕上げ段階に入ってきていると言っていい。UQコミュニケーションズが提供するモバイルWiMAXは、2010年8月時点ですでに基地局1万達成し、2010年度末までに1万5000局が開局する見込みである。

       1|2 次のページへ

提供:UQコミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2010年10月31日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



バックナンバー

第1回 世界初「WiMAX2動態デモ」よりひもとく、“WiMAXが2年進んでいる”理由
日本のワイヤレスブロードバンド環境は、海外から訪問した人たちが驚くほど充実している。UQコミュニケーションズがCEATEC JAPAN 2010で公開した次世代「WiMAX2」の動態デモより、WiMAX2がなぜもっとも近い「次世代」なのか、本田雅一氏が解説する。

第2回 「モバイルデータ通信、どれを選べばいい?」と思う人に、私がアドバイスしたいこと(前編)
モバイルインターネット環境がより高速に、快適に使えるようになってきた半面、さまざまなサービスや料金プランが混在するので「どれが自分に向いている」か絞りにくい。どうすればよいか、どれを選べばよいかを実体験とともに解説する。

第3回 「モバイルデータ通信、どれを選べばいい?」と思う人に、私がアドバイスしたいこと(後編)
モバイルWiMAXのサービス開始「以前と以後」で、使い方がどう変化したか。外で使うたびにWiMAXエリアの拡充を実感してきた筆者が、PCとスマートフォンの使い分け方とともに解説する。

第4回 「自宅でもWiMAX」──ひとり暮らしのビジネスユーザーに選んでほしい選択肢(前編)
WiMAXは、モバイル環境で利用するだけのものではない。今回は「自宅でもWiMAX」をテーマに、利用範囲の広さと利用シーン、そしてどんなコストメリットがあるかを解説する。

第5回 「自宅でもWiMAX」──ひとり暮らしのビジネスユーザーに選んでほしい選択肢(後編)
高速で低料金、その場で契約でき、すぐ使えるWiMAX。より便利になった「機器追加オプション」は、具体的にビジネスユーザーにどんなメリットをもたらすだろうか。

第6回 新型WiMAX Speed Wi-Fiの使い勝手は?──AtermWM3500Rの「8時間動作」を検証
WiMAXルータ「WiMAX Speed Wi-Fi」を使えば、スマートフォンや家庭用ゲーム機などもより高速なWiMAX通信で利用できる。今回はWiMAX Speed Wi-Fiの最新モデル「AtermWM3500R」の使い勝手を確かめながら、どんな使い方があるか、どんなシーンに向くかを解説する。

第7回 海外利用サービスで広がる「いつでも・どこでもブロードバンド」のさらなる可能性(前編)
WiMAXはいつでも、どこでも高速・低価格で使えるのが特徴だが、さらに「そのまま海外」でも快適に使えてしまう。今回は海外利用サービス「WORLD WiMAX」が米国・ラスベガスでどう使えたか、そしてその可能性を解説する。

第8回 海外利用サービスで広がる「いつでも・どこでもブロードバンド」のさらなる可能性(後編)
CES開催中のラスベガス、3Gネットワークは無力だった。これは海外の特殊事情ではなく、近い将来の状況を先取りして表現したと言える。WiMAXの海外利用サービスを利用し、「次世代ワイヤレスサービスの流れを強く感じた」理由を解説する。

第9回 UQコミュニケーションズ野坂社長インタビュー前編「2010年、なぜWiMAXは躍進したのか」
なぜ高速か、なぜ快適か。新世代のモバイルブロードバンド時代を迎える中、4Gの「WiMAX」を国内で展開するUQコミュニケーションズは何を目指しているのか。UQコミュニケーションズの野坂章雄社長に聞いた。

第10回 UQコミュニケーションズ野坂社長インタビュー中編「ライバルの新世代サービス、逆に“WiMAXの強み”を訴求できる引き立て役」
ライバルとなる新世代通信サービスが始まる中、他社に先だって展開する「WiMAX」は2011年度以降、どんな計画、方針でサービスを展開し、どんなユーザー価値を提供してくれるのか。前回に続いてUQコミュニケーションズの野坂社長に聞く。

第11回 UQコミュニケーションズ野坂社長インタビュー後編「新世代通信のインフラ設備は“むしろWiMAXの方が有利” その理由と2011年度以降の計画」
UQコミュニケーションズ野坂社長インタビューの最終回は「WiMAX対応スマートフォン」「インフラ設備」「WiMAX2」について掘り下げ、“4G”のWiMAXがどんな可能性を秘めているか、今後どのように展開するかを聞く。

第12回 WiMAX Speed Wi-Fiの新基準──Wバッテリーで10.5時間動作「URoad-9000」の実力検証
WiMAXルーター“WiMAX Speed Wi-Fi”は、電源を入れっぱなしにして運用すると、より使い勝手がいい。これまでの機器になかった円形デザインとWバッテリーで10.5時間動作の新モデル「URoad-9000」の使い勝手を検証しつつ、WiMAX内蔵パソコンを含めた新生活向けの利用シーンを考察する。