ニュース
» 2010年11月05日 13時48分 UPDATE

ベンキュー、XGA解像度対応の短焦点DLPプロジェクター「MX880UST」

ベンキュージャパンは、短焦点投写に対応したDLPプロジェクター「MX880UST」を発売する。

[ITmedia]
photo MX880UST

 ベンキュージャパンは11月5日、短焦点投写に対応したDLPプロジェクター「MX880UST」を発表、11月19日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は19万8000円(税込み)。

 MX880USTは、1024×768ピクセル表示をサポートしたDLPプロジェクターで、37センチの距離で60がたの投写を可能とした短焦点設計モデルだ。また、オプションの3Dメガネを用いることで、DLP Link方式の3D映像を楽しむこともできる(アナログ接続時のみ/Blu-ray DVDプレイヤーは非対応)。

 輝度は2500ルーメン、コントラスト比は3000:1。入力インタフェースはアナログD-Sub×2、Sビデオ/コンポジットビデオなどを備えるほか、LANケーブル経由でのディスプレイ出力もサポートした。またUSBメモリの画像をスライドショー形式で表示するプレゼン向きの機能も備えた。

 本体サイズは404(幅)×229(奥行き)×324(高さ)ミリ、重量は約5.5キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう