ニュース
» 2010年11月19日 14時58分 UPDATE

プラネックス、3Gモバイル通信端末にも対応した11n無線LANルータ「MZK-WG300NX」

プラネックスコミュニケーションズは、IEEE802.11n対応無線LANルータ「MZK-WG300NX」を発売する。

[ITmedia]
photo MZK-WG300NX

 プラネックスコミュニケーションズは11月19日、IEEE802.11n対応無線LANルータ「MZK-WG300NX」を発表、12月中旬より販売を開始する。無線LANルータ単体モデルのほか、USB無線LANアダプタ付属モデル「MZK-WG300NXPU」も用意。価格はMZK-WG300NXが1万円、MZK-WG300NXPUが1万2000円。

 MZK-WG300NXは、IEEE802.11b/g/nに対応した無線LANルータで、有線ポートは全ポートギガビット接続に対応した。USBポートを搭載しており、USB機器のLAN内共有にも対応した。また3Gモバイル通信端末を用いた接続も可能となっている。

 本体サイズは152(幅)×161(奥行き)×59(高さ)ミリ、重量は約310グラム。


 また、エントリークラスモデルとなるIEEE802.11n対応無線LANルータ「MZK-W300NH3」もあわせて発売する。価格は単体モデルがMZK-W300NH3が6000円、USB無線LAN子機セットモデル「MZK-W300NH3PU」が8000円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.