ニュース
» 2010年11月30日 18時00分 UPDATE

ナナオ、裸眼3D対応の23型フルHDディスプレイを製品化

ナナオが裸眼3D対応の23型フルHD液晶ディスプレイを製品化。2011年度上半期、産業市場向けに発売する。

[ITmedia]
photo DuraVision FDF2301-3D

 ナナオは11月30日、裸眼3D表示に対応する産業市場向け23型液晶ディスプレイ「DuraVision FDF2301-3D」を製品化したと発表、2011年度上半期に発売する。価格はオープン、価格は数百万円になる見込み。主に走査電子顕微鏡や半導体検査装置などへの搭載・採用を想定し、産業市場向けに販売する。

 FDF2301-3Dは、科学技術振興機構の公募事業における2009年度採択課題として選ばれた「リアルタイムステレオSEMの開発」の一環として開発。課題テーマとするリアルタイムステレオSEM(走査電子顕微鏡)に求められる高い奥行き分解能や従来の裸眼3Dディスプレイにおける問題点を解消した高精細な表示を、独自開発のDirectional Backlight(指向性光源)方式の採用により実現した。

 Directional Backlight方式は視差画像を同じ画素より時間差で表示する手法で、液晶パネルの持つ1920×1080ドットの解像度をそのまま生かした奥行き分解能に優れる立体映像を表示可能。ほかの裸眼3D方式で課題の1つとなる、バリアやレンズを用いることによるモアレや縞目が発生しないメリットなどもあるという。

 画面サイズは23型(可視域対角58.4センチ)、最大解像度は1920×1080ドット。最適立体視距離は890ミリ、左右方向の立体視可能裕度は65ミリ。搭載インタフェースはDVI-D×2。本体サイズは650(幅)×566.3(高さ)×261.7(奥行き)ミリ、重量は約16キロ。上方向10度/下方向5度のチルト、360度のスウィーベルが可能なスタンド機構を備える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう