ニュース
» 2010年12月08日 14時00分 UPDATE

一般販売は2011年前半:Google、Chrome OS搭載のテスト用ノートPCを配布

米GoogleはChrome OSのパイロットプログラムを開始。2011年前半のリリースに向け、開発者や企業などにテスト用ノートPCを配布する。

[ITmedia]
tm_1012cr-48_01.jpg 「Cr-48 Chrome Notebook」

 米Googleは12月7日(現地時間)、「Chrome OS」のパイロットプログラムの申し込み受け付けを開始した。対象者は米国の開発者や個人、学校、企業などで、今後はほかの地域にも拡大する予定。対象者には、Chrome OS搭載のテスト用ノートPC「Cr-48 Chrome Notebook」が配布される。

 Cr-48はテスト用のノーブランド品で、ロゴなどもない。スペックは、12.1型ワイド液晶ディスプレイ、フルサイズキーボード、クリックボタン一体の大型タッチパッド、3G通信モジュール(Verizonの3G回線に接続、月100Mバイトまで無料の2年間データプラン)、IEEE802.11nの無線LAN、Webカメラ、フラッシュストレージ、8時間駆動のバッテリー(スタンバイでは8日間)などを備える。セットアップは1分未満で済み、10秒で起動してWebにアクセスでき、スタンバイからの復帰も一瞬という。

 Chrome OSは同社が開発しているオープンソースの新OS。WebブラウザのChromeをベースに、アプリやユーザーデータはクラウドに置く仕組みとして、高速で簡単、安全なWebアクセスを提供することを目指している。同OSを搭載した製品は、2011年前半にAcerとSamsungから発売される見込みだ。

tm_1012cr-48_02.jpgtm_1012cr-48_03.jpgtm_1012cr-48_04.jpg

 また、米Googleは試験提供されていたWebアプリストアの「Chrome Web Store」も同日オープンした。米国のChromeユーザー向けに、Webアプリや拡張機能、ゲーム、テーマなどが提供されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう