ニュース
» 2010年12月16日 15時29分 UPDATE

1年間最大4410円/月:ドコモ、「定額データプラン」の割引対象期間を延長──2011年4月30日まで

ドコモのデータ通信料金割引キャンペーンが2011年4月末まで延長。定額データプラン スタンダード バリュー+定額データ スタンダード割の契約で、1年間月額1000〜4410円で利用できる。

[ITmedia]
photo キャンペーンの適用で、1年間最大4410円/月で利用できる

 NTTドコモは、3Gデータ通信利用者向け「定額データプラン」の料金割引キャンペーン期間を2011年4月30日まで延長すると告知。あわせて、同社プロバイダオプション「公衆無線LANサービス」の無料キャンペーン期間も同日まで延長する。

 同キャンペーンは、キャンペーン申し込み期間に「定額データプラン スタンダード」あるいは「定額データプラン スタンダード バリュー」を新規契約し、かつ「定額データ スタンダード割」あるいは「ハーティ割引」に加入したユーザーを対象に、申し込み当月を含む最大13カ月間、月額利用料金の上限額を最大1575円割り引くもの。当初は2010年12月末までだった。

 キャンペーンの適用により、定額データプラン スタンダード バリュー+定額データ スタンダード割(2年契約を条件に月額料金上限額を最大3780円割引)契約時で、月額1000円〜4410円(+mopera Uなどのプロバイダ料金。mopera Uスタンダードプランは月額525円)でデータ通信サービスを利用できる。

 公衆無線LANサービス、mopera U、ビジネスmoperaインターネット、ブラックベリーインターネットサービスで提供する「U 公衆無線LANコース」などが対象。オプションサービスとしてはじめて申し込んだユーザーを対象に、月額315円の利用料金を申し込み当月を含む最大13カ月間無料にする。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう