ニュース
» 2010年12月20日 16時12分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp:“Sandy Bridge”のP67マザーがサラッと並んだ「PC-DIY EXPO 冬の陣」 (1/2)

恒例となったPCパーツイベント「AKIBA-PC-DIY EXPO」が開催され、来年初頭に登場予定の大物アイテムがいち早くアキバに集結。「P67」が型番に入った未発売マザーが並ぶなど、来場者に近未来の自作PC市場を予感させるには十分な密度があった。

[古田雄介、吉川慧,ITmedia]

「ウチはレガシーを大切にするんですけど、もうPCIは……ありませんっ」――注目を集めたP67マザー

og_akibadiy_001.jpg 「2010 AKIBA-PC-DIY EXPO 冬の陣」会場の様子

 12月18日と19日の2日間、ベルサール秋葉原で自作PCのユーザーイベント「2010 AKIBA-PC-DIY EXPO 冬の陣」が開催された。主催はユニットコムで、協賛メーカーは40以上。会場には多数のメーカーブースが並び、メインステージのセッションとあわせて、終日会場がごった返すほどの来旨乗車を集めていた。

 PCパーツ系のセッションは、高橋敏也氏による初心者向けのオーバークロック解説や、ユニットコムと日経BP社共催の自作PCコンテスト「P-1グランプリ2010」など、自作PCの面白みを伝える企画が用意されたほか、AMDやNVIDIAなどの協賛メーカーによる新製品のプレゼンも多数盛り込まれていた。ユニットコムのスタッフは「メーカーとお客さんが直接話す機会はなかなかないんですよね。そういう場を提供して、少しでもDOS/V業界が盛り上がればと思います」と意気込む。

og_akibadiy_002.jpgog_akibadiy_003.jpgog_akibadiy_004.jpg 高橋氏のトークセッション「オーバークロックPCを語る!」の様子(写真=左)。P-1グランプリは、就活中という大学生が「NVIDIA信者が目指したゲーミングPC」で優勝した(写真=中央)。NVIDIAはセッションで「もう目玉焼きができるとかいわせません!」とGeForce GTX 580の優秀ぶりをアピールしていた(写真=右)

 そして、各メーカーのブースも意欲的な展示が並んでいた。なかでも注目を集めていたのはMSIのブースだ。次世代チップセットのP67を搭載したマザーボードが並べられおり、未見のチップセットをじっくり観察しようとするユーザーが群がっていた。P67は、年明けまもなくの登場がウワサされているCPU「Sandy Bridge」に対応することが知られており、2011年のスタンダードなチップセットになる可能性が高い。

 「P67A-GD65」など新チップセットを搭載した4製品について、MSIのスタッフは「ウチはレガシーを大切にしているんですが、PCI Expressの環境がそろったと考えて、このモデルではPCIスロットを省いています」と、細部のこだわりまで語ってくれた。そのほかのP67マザーは「P67A-GD55」と「P67A-C43」で、micro-ATXのH67マザー「H67MA-E45」もお披露目されていた。

og_akibadiy_005.jpgog_akibadiy_006.jpgog_akibadiy_007.jpg MSIのブース(写真=左)。左から「P67A-GD55」と「H67MA-E45」、「P67A-C43」(写真=中央)。展示されたうちの最上位の「P67A-GD65」(写真=右)

 OCZのブースは、PCI Express接続のSSD「RevoDrive」シリーズをアピール。RevoDrive X2を2枚差ししたデモ機を稼働させながら、「他社さんは法人向けばかりが目立ちますが、ウチは個人向けにPCI Express SSDを売っている強みがあります」とライバル社を意識したコメントを残した。また、ELSAは歴代のグラフィックスカードを並べたボードを大きく張り出し、展示機ではGeForce GTX 570とGeForce 7900 GSの比較デモを披露。同社スタッフは「7900 GSは2006年製ですが、この時期のカードを現役で使っている方も多いです。4年間でどれだけ性能が向上したか見てもらおうと企画しましたが、これを見て買い換えを検討する人が多いみたいですよ」と狙いが当たってうれしそうだった。

og_akibadiy_008.jpgog_akibadiy_009.jpgog_akibadiy_010.jpg OCZのブース。歴代のPCI Express型SSDの流れと、現行のRevoDrive X2の性能を示すデモを用意していた(写真=左/中央)。ELSAはさらに巨大なボードで1999年からのグラフィックスカードの流れをまとめていた(写真=右)。※記事初出時、OCZの名称を誤って記載しておりました。おわびして訂正いたします

og_akibadiy_011.jpgog_akibadiy_012.jpgog_akibadiy_013.jpg ラトックシステムズのブースで注目を集めていた、メモリ液晶付きリムーバブルケースと外付けHDDケース。保存データの内容やHDDの残り容量などがひと目で確認できる(写真=左/中央)。LG電子の21.5型フルHDディスプレイ「FLATRON LCD E2290V-SN」は来年1月に発売予定。LEDバックライトとIPSパネルを採用しており、注目度は高かった(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう