ニュース
» 2011年01月12日 10時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:16.4型フルHD液晶を搭載するクリエイティブノート――「VAIO F」

広色域のフルHD液晶やダブル地デジチューナーを内蔵するハイスペックノートPC「VAIO F」は、CPU性能やHDD容量を強化した。

[ITmedia]

大画面フルHD液晶を搭載した「VAIO F」は基本仕様を強化

og_vaiof_001.jpg VAIO F

 16.4型フルHD液晶を搭載する「VAIO F」の2011年春モデルは、Core i7を搭載する上位モデル「VPCF149FJ/BI」とCore i5を搭載する「VPCF148FJ/B」の2モデルがラインアップされる。実売想定価格はVPCF149FJ/BIが23万円前後、VPCF148FJ/Bが21万円前後で、1月22日に発売される予定。

 クアッドコアCPUをはじめ、ディスクリートGPUによるグラフィックスや1920×1080ドット表示対応の液晶ディスプレイ、USB 3.0対応ポートの搭載、ダブル地デジチューナーの内蔵といった高性能/高機能な特徴を引き継ぐ一方で、2011年の春モデルでは“Sandy Bridge”世代のCPUは採用が見送られ、基本スペックをわずかに強化しただけのマイナーバージョンアップとなった。

 上位機のVPCF149FJ/BIはHDD容量が500Gバイトから640Gバイトに、下位機のVPCF148FJ/BはCPUがCore i5-460M(2.53GHz)からCore i5-480M(2.66GHz)に強化されているが、そのほかの基本スペックやデザインは2010年秋冬モデルから引き継いでいる。本体サイズは、387.2(幅)×263(奥行き)×31〜43.5(高さ)ミリ、重量は約3.2キロ。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premiumだ。

 なお、Adobe RGBカバー率100%の広色域液晶ディスプレイを搭載する上位機種は、RAW現像ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 3」や画像編集の「Adobe Photoshop Elements 8」、ビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements 8」などが付属する。また、直販のVAIOオーナーメードモデルでは、CTOツリーから「Adobe Creative Suite 5 Production Premium」も選択可能だ。

 主な仕様は以下の通り。

VAIO F店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO F VPCF149FJ/BI (プレミアムブラック) 2スピンドル HDD強化 Core i7-740QM(1.73GHz/最大2.93GHz) 4096MB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium 23万円前後
VPCF148FJ/B (ブラック) 2スピンドル CPU強化 Core i5-480M(2.66GHz/最大2.93GHz) 4096MB (DDR3) 500GB 64ビット版7 Home Premium 18万円前後
VAIO F店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO F VPCF149FJ/BI (プレミアムブラック) 16.4型ワイド(広色域) 1920×1080 Intel PM55 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce GT 425M 地デジ×2/Office Home and Business 2010 約3.2キロ
VPCF148FJ/B (ブラック) 16.4型ワイド 1920×1080 Intel PM55 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce 310M 地デジ×2/Office Home and Business 2010 約3.2キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう