ニュース
» 2011年01月12日 11時22分 UPDATE

2011年PC春モデル:第2世代Core iの採用や“グラスレス3D”など液晶一体型を大幅強化――「FMV ESPRIMO FH/EH」

23型/20型の液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH」は、上位機に第2世代Core i採用モデルを投入。また、廉価モデルとして新シリーズの「FMV ESPRIMO EH」も登場した。

[ITmedia]

“Sandy Bridge”世代の液晶一体型PC、業界初のグラスレス3Dも

og_fheh_001.jpg FMV ESPRIMO FH99/CM

 富士通の主力となる液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH」シリーズは、基本システムや液晶ディスプレイのサイズなどで差別化した全6機種が投入される。

 1920×1080ドット表示対応の23型ワイド液晶を搭載する「FH99/CM」「FH98CM」「FH76/CD」がそれぞれ26万円前後/25万円前後/未定、1600×900ドット表示の20型ワイド液晶を搭載する「FH58/CM」「FH55/CD」「FH52/CT」が順に21万円前後/19万円前後/15万円前後になる見込み。最上位機のFH99/CMは2月25日、FH76/CDは2月下旬、そのほかは1月20日に発売される予定だ。

 全モデルに地デジのダブルチューナーを内蔵するFMV ESPRIMO FHの2011年春モデルは、23型ワイドフルHD液晶を搭載する上位3機種で、“Sandy Bridge”世代のCore i7/Core i5を採用したのがトピックだ。また、最上位のFH99/CMには業界初となる“グラスレス3D”に対応し、付属の独自のフィルター(3Dコンバージョンパネル)をディスプレイ面に装着することで専用グラスを使わずに3D立体視を可能にした(ただ、裸眼立体視が可能な半面、3D映像視聴時にはユーザーがフィルターを着脱する必要がある)。なお、下位機のFH98/CMはこれまで同様、3Dグラスを使う円偏光方式による3D立体視に対応している。

 上位2機種は、高画質化ボード「Dixelエンジンボード2」を搭載するほか、6ワット×2のスピーカーを内蔵し、あざやかで鮮明な映像と臨場感のある音を視聴できる。春モデルでは、3D番組のHDD録画や録画した3D番組の3D立体視での視聴ができるようになったほか、パナソニックのデジタルビデオカメラ「HDC-TM750」と「HDC-TM650」に3Dコンバージョンレンズを装着して撮影した3D動画の立体視にも対応した。また、これまで同様、デジタル放送の3D番組やBlu-ray 3DやYouTubeに公開された3Dコンテンツ、DVD-Videoや動画/静止画ファイル、対応ゲームタイトルの2D/3Dリアルタイム変換視聴なども可能だ。

 主なスペックは、前述のFH99/CMとFH98/CMに、Core i7-2630QM(2.0GHz/最大2.9GHz)を、タッチパネル対応のFH76/CDにCore i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz)を新採用。20型のFH58/CMとFH55/CDはCore i5-560M(2.66GHz/最大3.2GHz)、FH52/CTにはPentium P6200(2.13GHz)を搭載する。また、FH99/CM、FH98/CM、FH58/CMに2TバイトHDDを搭載し、長時間10倍録画で最大1700時間の地デジ録画を実現したのもポイントだ。なお、インタフェースは、23型ワイドモデルがSDメモリーカード/メモリースティックスロット、USB 3.0×2、USB 2.0×4、20型ワイドモデルがSDメモリーカード/メモリースティックスロット、USB 2.0×5と、USBポートの種類に違いがある。

 OSは全モデルで64ビット版Windows 7 Home Premiumを採用。直販のカスタムメイドメニューには、Windows 7 Professionalも用意されるほか、3D対応やタッチパネル機能の有無、グロッシーキーボードなども選択できる。

og_fheh_002.jpgog_fheh_003.jpgog_fheh_004.jpg 20型ワイド液晶を搭載するFH55/CDとFH52/CTには、白、赤、黒のカラーバリエーションがある

og_fheh_005.jpg FMV ESPRIMO EHシリーズ

 一方、高機能なFHシリーズに対して、シングル地デジチューナーを搭載する廉価モデル「FMV ESPRIMO EH」が追加された。基本システムとしてFusion APUのAMD E-350(1.6GHz)+Radeon HD 6310を採用し、実売想定価格を13万円強に抑えているのが見どころだ。そのほかの主な仕様は、1600×900ドット表示の20型ワイド液晶(FHと同じスーパーファインVXパネル)、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、2層対応DVDスーパーマルチドライブという構成になっている。

 インタフェースは、SDメモリーカード/メモリースティックスロット、USB 2.0×6など。なお、FHシリーズにはないBluetooth 3.0+HSに対応するが、キーボードと光学マウスは有線タイプとなっている(FHはワイヤレス仕様でマウスはレーザー式)。

 各モデルの主な仕様は以下の通り。

FMV ESPRIMO FH/EHシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
ESPRIMO FH FH99/CM 液晶一体型 グラスレス3D対応、新アーキテクチャ Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 4096MB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium 26万円前後
FH98/CM (2色) 液晶一体型 新アーキテクチャ Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 4096MB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium 25万円前後
FH76/CD (3色) 液晶一体型 新アーキテクチャ Core i5-2520M (2.5GHz/最大3.2GHz) 4096MB (DDR3) 1.5TB 64ビット版7 Home Premium 未定
FH58/CM (2色) 液晶一体型 基本スペック強化 Core i5-560M (2.66GHz/最大3.2GHz) 4096MB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium 21万円強
FH55/CD (3色) 液晶一体型 基本スペック強化 Core i5-560M (2.66GHz/最大3.2GHz) 4096MB (DDR3) 1.5TB 64ビット版7 Home Premium 19万円強
FH52/CT (3色) 液晶一体型 タッチ対応、基本スペック強化 Pentium P6200(2.13GHz) 4096MB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium 15万円前後
ESPRIMO EH EH30/CT (2色) 液晶一体型 新シリーズ E-350(1.6GHz) 4096MB (DDR3) 500GB 64ビット版7 Home Premium 13万円強
FMV ESPRIMO店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
ESPRIMO FH FH99/CM 3D対応23型ワイド 1920×1080 Intel HM65 BD-R/RE対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約13.3キロ
FH98/CM (2色) 3D対応23型ワイド 1920×1080 Intel HM65 BD-R/RE対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約13.3キロ
FH76/CD (3色) タッチパネル対応23型ワイド 1920×1080 Intel HM65 BD-R/RE対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約14.1キロ
FH58/CM (2色) 3D対応20型ワイド 1600×900 Intel HM55 BD-R/RE対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約10.4キロ
FH55/CD (3色) 20型ワイド 1600×900 Intel HM55 BD-R/RE対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約10.4キロ
FH52/CT (3色) タッチパネル対応20型ワイド 1600×900 Intel HM55 2層対応DVDスーパーマルチ CPU統合 地デジ×2/Office Home and Business 2010 約10.5キロ
ESPRIMO EH EH30/CT (2色) 20型ワイド 1600×900 AMD A50M 2層対応DVDスーパーマルチ Radeon HD 6310 (CPU統合) 地デジ/Office Personal 2010 約8.0キロ

富士通

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう