レビュー
» 2011年01月13日 07時00分 UPDATE

従来モデルと徹底比較:「VAIO Y(YB)」の真価を問う――“AMD Fusion APU”搭載モバイルノート (1/5)

ソニーの「VAIO Y(YB)」は、AMDの最新プラットフォームを採用したモバイルノートPC。インテルプラットフォームの従来機と比較しながら、その実力をチェックした。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

AMDの最新プラットフォームがVAIOノートにやって来た

tm_1101vaio_ybr_01.jpg AMDの最新プラットフォームを採用した11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「VAIO Y(YB)」

 「VAIO Y」は、ソニーが“シンプルモバイル”と呼ぶエントリークラスの13.3型ワイド/11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートPCだ。2011年1月12日に発表された春モデルでは、AMDの最新プラットフォームを採用した「VAIO Y(YB)」がラインアップに加わった。1月29日に発売される予定だ。

 11.6型ワイド液晶ディスプレイとインテルの超低電圧版Core i3-380UM(1.33GHz)を搭載した「VAIO Y(YA)」の下位モデルにあたり、画面サイズやボディデザインはそのままに、AMDの最新プロセッサ「AMD E-350」を採用しているのが特徴だ。

 AMD E-350は、2011 International CESで発表されたばかりの薄型軽量モバイルノートPC向けプロセッサで、その実力は大いに注目される。VAIO Y(YA)との性能差やバッテリー駆動時間など、気になる部分をじっくり検証していこう。


スッキリした外観のコンパクトボディ

tm_1101vaio_ybr_02.jpg 天面はマットな質感でシンプルにまとまっている

 VAIO Y(YA)と共通化されたボディデザインは、本体サイズが290(幅)×202.8(奥行き)×25〜31.5(高さ)ミリ、重量は約1.46キロだ。実測での重量は1.419キロと、公称値よりわずかに軽かった。特に薄型ではないが、モバイルノートPCとして持ち運びやすいサイズと重量におさまっている。

 ボディは樹脂製で、アルミニウムやマグネシウム合金のような高級感には欠けるが、よく見ると至るところにこだわりが感じられる。クリアパーツの電源ボタンやDC入力、バッテリーなどの電源関連機能をまとめたシリンダー部分とベースボディをシームレスに融合させた「ブレンドシリンダーフォルム」など、ハイエンドモバイルノートPCの「VAIO Z」で定評あるデザインを受け継ぎつつ、センスよくシンプルにまとめている。

 また、細かい凹凸を付けてサラッとした手触りに仕上げたパームレストを含め、全体に指紋などが付きにくい表面処理も好印象だ。なお、カラーバリエーションは、今回入手したシルバーのほか、ピンク、グリーンが用意される。

tm_1101vaio_ybr_03.jpg 電源関連の機能を集めたシリンダー部がトップカバーの上にはみ出すことなく、液晶ディスプレイのヒンジとうまく融合したデザインに仕上げた「ブレンドシリンダーフォルム」。VAIOノートを特徴付けるデザインだ
tm_1101vaio_ybr_04.jpg ボディ先端を絞り込んで持ち運びしやすくしつつ、耐衝撃性にも配慮した「コンバージェンスライン」。側面と段差を付けて盛り上げたパームレスト部は、キーボードの打ちやすさや閉じた際に側面を薄く見せる効果を狙ったもの
tm_1101vaio_ybr_05.jpg パームレストの表面には細かな凹凸が刻まれている。手触りがよく、指紋が付きにくい。パームレストのデザインと自然になじむよう、タッチパッドにも細かなドット状のパターンが施されている

tm_1101vaio_ybr_06.jpgtm_1101vaio_ybr_07.jpgtm_1101vaio_ybr_08.jpg カラーバリエーションはシルバー(モデル名:VPCYB19KJ/S)、ピンク(モデル名:VPCYB19KJ/P)、グリーン(モデル名:VPCYB19KJ/G)と、明るめの3色を用意している

tm_1101vaio_ybr_09.jpgtm_1101vaio_ybr_10.jpg 上位モデルの「VAIO Y(YA)」とボディデザインは共通だ。VAIO Y(YA)のボディカラーはブラックのみを用意。シルバーのVAIO Y(YB)と並べてみると、だいぶ印象が異なる

3タイプのバッテリーを用意、ACアダプタも小型軽量

tm_1101vaio_ybr_11.jpg 標準バッテリーの公称駆動時間は約6時間。ACアダプタは小型軽量にまとまっている

 背面に装着するリチウムイオンバッテリーは、VAIO(YA)と同じものを利用する。状況に応じて、3タイプのバッテリーを選べるのがありがたい。

 公称のバッテリー駆動時間は、6セルの標準タイプ(10.8ボルト 3500mAh 38ワットアワー)で約6時間、別売のSバッテリー(5000mAh)で約7.5時間、別売のLバッテリー(7500mAh)で約11時間だ。VAIO(YA)に比べて、Lバッテリー装着時の駆動時間が約30分短いが、そのほかは変わらない。Lバッテリー装着時は重量が約1.605キロに増えて、後方が17ミリほど厚くなるが、標準の2倍近くまで駆動時間を延ばせる。

 ACアダプタもVAIO Y(YA)と共通だ。アダプタ本体のサイズは37(幅)×93(奥行き)×26(高さ)ミリで、電源ケーブル込みの重量は約191グラム(実測値)と、業界トップクラスのコンパクトさだ。ノートPC本体と一緒に携帯する場合も負担は最小限で済む。

tm_1101vaio_ybr_12.jpg 別売のSバッテリー(5000mAh)は、標準バッテリーと同じフォルムで、装着時にボディからはみ出さない
tm_1101vaio_ybr_13.jpg 別売のLバッテリー(7500mAh)を装着すると、後方が持ち上がってキーボードがチルトする

iconicon
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.