ニュース
» 2011年01月17日 13時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:価格競争力を高めたラインアップに集約──「dynabook Qosmio D710」

東芝は、液晶一体型PC「D710」の新モデルを発表した。ボディデザインはそのままで、CPUを強化し、新色がカラーバリエーションに加わった。

[ITmedia]

“白い”液晶一体型のdynabook Qosmioが登場

kn_d710sp_01.jpg dynabook Qosmio D710

 2011年の春モデルとして登場するdynabook Qosmio D710のラインアップは、2010年秋冬モデルでCore i5シリーズを搭載した上位モデルがなくなって、下位クラスの1種類に集約された。その一方で、カラーバリエーションとして、従来の「シャイニーレッド」「プレシャスブラック」に加えて、新色の「リュックスホワイト」を用意する。出荷開始は1月下旬の予定で、実売予想価格は15万台半ばとみられる。

 CPUは、Pentium P6200(2.13GHz、3次キャッシュメモリ3Mバイト)に強化されたが、チップセットはIntel HM55 Expressと従来と同様だ。システムメモリはDDR3 1066を標準構成で4Gバイト(2Gバイト×2)、最大で8Gバイト実装可能。データストレージは容量1TバイトのHDDを搭載する。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブとこちらも従来モデルから変わらない。

 同社の大画面液晶テレビ「REGZA」を意識したデザインと、テレビをはじめとするコンテンツプレーヤーとして利用するコンセプトはこれまで通りで、21.5型ワイド液晶ディスプレイは、解像度1920×1080ドットとフルHDに対応する。サウンド出力もオンキヨー製のステレオスピーカーを内蔵したほか、高音質補正技術「MaxxAudio 3」をサポート。搭載するテレビチューナーは地上デジタル放送に対応する。

 本体に用意するインタフェースは6基のUSB 2.0、ブリッジメディアスロットのほか、映像入力用としてHDMIとD4映像入力を備える。ネットワークは、1000BASE-Tまで対応する有線LANとIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANが利用できる。また、内蔵するWebカメラを利用して離れた場所にいるユーザーの動きを検知してPCを操作する「ジェスチャーコントロール」機能にも対応する。

 OSは、Windows 7 Home Premiumで、64ビット版と32ビット版を初期導入時に選択できる。プリインストールのアプリケーションとしてMicrosoft Office Home and Business 2010や、Evernoteを利用してネットワーク上のストレージで画像、動画、ブックマーク、Officeファイルを共有できる「Bulletin Board」が用意される。

kn_d710sp_02.jpgkn_d710sp_03.jpgkn_d710sp_04.jpg 2011年春モデルのdynabook Qosmio D710では、カラーバリエーションとして「リュックスホワイト」(写真=左)、「プレシャスブラック」(写真=中央)、「シャイニーレッド」(写真=右)を用意する

dynabook Qosmio D710店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
dynabook Qosmio D710 D710/T5B (3色) 液晶一体型 CPU強化 Pentium P6200 (2.13GHz) 4GB (DDR3) 1TB 64/32ビット版 7 Home Premium 15万円台半ば
dynabook Qosmio D710店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook Qosmio D710 D710/T5B (3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM55 DVDスーパーマルチ CPU統合 地デジ / Office Home and Business 2010 約8.5キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう