ニュース
» 2011年01月17日 13時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:CPUを強化して価格を抑える──「dynabook Qosmio T550」

dynabook QosmioノートPCシリーズに、CPUを強化したにもかかわらず安価になった新しい“型番”が登場した。

[ITmedia]

CPUと液晶ディスプレイを変えてコストパフォーマンスを向上

kn_t550sp_01.jpg dynabook Qosmio T550

 dynabook QosmioノートPCのラインアップは、これまで、上位モデルの「dynabook Qosmio T750」と下位モデルの「dynabook Qosmio T560」という構成だったが、2011年春モデルでは、下位モデルが「T560」から新しいシリーズの「dynabook Qosmio T550」に移行した。出荷開始は1月下旬の予定で、実売予想価格は15万円前後。

 CPUをPentium P6200(2.13GHz)に強化したが、液晶ディスプレイのサイズは15.6型ワイドとわずかに小さくなった(解像度は1366×768ドット)。チップセットにIntel HM55 Expressを採用し、システムメモリは標準構成でDDR3-1066を4Gバイト実装(最大で8Gバイト)。データストレージは500GバイトのHDDを搭載する。

 また、上位モデルのdynabook Qosmio T750と同じく、地上デジタルチューナーも搭載し、本体にはBlu-ray Discドライブとharman/kardon監修のステレオスピーカーを内蔵する。本体に搭載するインタフェースも共通で、USB 2.0×4(このうち1基はeSATA兼用)、ブリッジメディアスロット、HDMI出力などをそなえ、ネットワークは1000BASE-Tまで対応する有線LANとIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANが利用できる。本体搭載のWebカメラを利用して離れた場所にいるユーザーの動きを検知してPCを操作する「ジェスチャーコントロール」機能にも対応するのも同様。ただし、東芝独自の映像専用エンジン“SpursEngine”は搭載しない。

 本体サイズは、380.5(幅)×254.0(奥行き)×28.0〜35.6(高さ)ミリ、重さは約3.0キロ。OSはWindows 7 Home Premiumを導入するが、ほかのdynabook QosmioノートPCとは異なり、64ビット版のみとなる。プリインストールアプリケーションとしては、「Microsoft Office Home and Business 2010」やEvernoteを利用したネットワークストレージのファイル共有に対応する「Bulletin Board」などを用意する。

kn_t550sp_02.jpgkn_t550sp_03.jpg カラーバリエーションは“T560”と同じく、ベルベッティホワイトとベルベッティブラックの2色

dynabook Qosmio T550店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
dynabook Qosmio T550 T550/T4BW・B(2色) 2スピンドルノート 低価格新モデル Pentium P6200(2.13GHz) 4GB (DDR3) 500GB 64ビット版7 Home Premium 15万円前後
dynabook Qosmio T550店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook Qosmio T550 T550/T4BW・B (2色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM55 Blu-ray Disc CPU統合 地デジ/ Office Home and Business 2010 約3キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう