ニュース
» 2011年01月18日 18時40分 UPDATE

2011年PC春モデル:東芝、軽量薄型の「dynabook R730」など企業向けノートPCラインアップを一新

東芝は1月18日、企業向けモバイルノートPC「dynabook R730」および「「dynabook Satellite B650」「同B550」「同B450」の4製品を発表した。1月25日より順次発売する。

[ITmedia]
og_toshiba_001.jpg dynabook R730

 「dynabook R730」は、1366×768ドット表示対応の13.3型ワイド液晶を搭載する2スピンドルノートPCで、ストレージ(HDD/SSD)とバッテリーの種類、光学ドライブの着脱により、本体重量が約1.17キロ〜約1.63キロと、高い機動性を持つのが特徴。基本システムには、Core i3-380M(2.53GHz)+Intel HM55 Expressの組み合わせを採用し、メモリ容量は標準で2Gバイト、ストレージは250GバイトHDDもしくは、128GバイトSSD、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブを備える。

 インタフェースは、PCカードスロット(Type II)とSDメモリーカードスロット(SDXC対応)のほか、USB 2.0×3(うち1ポートはeSATA共用)、ヘッドフォン、マイク、アナログRGB出力、HDMI出力を搭載する。ネットワーク機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとギガビットLANを装備。オプションのカスタムメイドサービスにより、WiMAXモジュールも選択できる。

og_toshiba_002.jpg マグネシウム合金製の天板にはヘアライン加工が施されている。100kgf面加圧や76センチ落下、30cc防滴などさまざまな耐久テストをクリアした堅牢性の高いボディも特徴だ

 本体サイズは、316(幅)×227(奥行き)×16.8〜42.9(高さ)ミリで、薄型LED液晶を採用する上位モデルは最厚部が40.9ミリになる。バッテリー駆動時間は、バッテリパック61AA装着時で約10〜11時間、バッテリパック91AA装着時で約15〜16時間だ。OSは64ビット/32ビット版Windows 7 Professionalのセレクタブル仕様。価格は23万1000円から。

 一方、CPUにCore i7/Core i5/Core i3を選べるフルサイズテンキー付きキーボードを標準搭載した15.6型ワイド(1600×900/1366×768ドット)モデル「dynabook Satellite B650」は21万3150円〜、同じく15.6型ワイド(1366×768ドット)でvProテクノロジー搭載モデルもラインアップする「dynabook Satellite B550」が20万2650円〜、Celeron 925(2.3GHz)を採用することで価格を抑えた「dynabook Satellite B450」が14万7000円〜で販売される。

og_toshiba_003.jpgog_toshiba_004.jpgog_toshiba_005.jpg 15.6型ワイド液晶を搭載するラインアップとして、左からdynabook Satellite B650、dynabook Satellite B550、dynabook Satellite B450も投入される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.