ニュース
» 2011年01月20日 16時08分 UPDATE

ZOTAC、Atom D525を搭載したmini-ITXマザー計3製品

アスクは、ZOTAC製となるデュアルコアAtom搭載mini-ITXマザーボード計3製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは1月20日、ZOTAC製となるデュアルコアAtom搭載mini-ITXマザーボード計3製品「IONITX-R-E」「IONITX-S-E」「IONITX-T-J」の取り扱いを発表、1月下旬以降に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ2万3500円/2万2500円/2万6500円。

photophotophoto IONITX-R-E(左)、IONITX-S-E(中)、IONITX-T-J(右)

 3製品はともにCPUとしてAtom D525(1.8GHz)を搭載したmini-ITXマザーボードで、グラフィックス機能としてNVIDIA ION/512Mバイトを装備した。映像出力はDVI/HDMIの2系統を備えている。

 拡張スロットはPCI Express x1×1(IONITX-T-Jはx4×1)。メモリスロットはIONITX-R-EがDDR2スロット×2、IONITX-S-E/IONITX-T-JがDDR3スロット×2(いずれも最大4Gバイト)を利用可能だ。また、IONITX-T-Jは付属ACアダプタからの電源供給に対応している。

関連キーワード

NVIDIA ION | マザーボード | Atom | mini-ITX | ZOTAC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう