ニュース
» 2011年01月21日 11時15分 UPDATE

ドスパラ、クリエイター向けPC「Prime Raytrek」3製品に“Sandy Bridge”モデルを追加

サードウェーブは、同社製クリエイター向けPC「Prime Raytrek LC」「同 Lite」「同 debut !」のラインアップにCore i5/i7搭載モデルを追加した。

[ITmedia]

 PCショップ「ドスパラ」を経営するサードウェーブは1月21日、同社製クリエイター向けPC「Prime Raytrek LC」「同 Lite」「同 debut !」の仕様を改定、Core i5/i7搭載モデル計3製品の販売を開始した。価格はそれぞれ9万9980円/7万9980円/6万7980円(いずれも税込み)。

photophoto Prime Raytrek LC(左)、同 Lite/同 debut !(右)

 Prime Raytrek LCは、ミドルタワー型筐体を採用したデスクトップPCで、CPUとしてCore i7-2600を、グラフィックスカードとしてQuadro 600を標準搭載した。メモリは8Gバイト、HDDは1Tバイトを装備、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。

 Prime Raytrek Lite/同 debut !は、ともにミニタワー筐体を採用したモデルで、CPUとしてCore i5-2400を装備。Prime Raytrek LiteはQuadro 600を搭載する。メモリは4Gバイト、HDDは1Tバイト、OSはWindows 7 Home Premiumを導入した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう