ニュース
» 2011年01月27日 15時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:CPUとHDDを強化したハンドル“レッツ”──「Let'snote F10」

パナソニックは、1月27日にハンドル付きボディを採用する「Let'snote F」シリーズで、CPUとHDDを強化した2011年春モデルを発表した。

[ITmedia]

ハンドルはそのまま、プラットフォーム世代もそのまま

kn_letsf10_01.jpg Let'snote F10

 2011年春モデルとして登場した「Let'snote F10 CF-F10」は、ハンドルの付いたユニークなボディデザインや搭載するインタフェースなど主要な仕様は従来モデルと共通する。また、Let'snote S10Let'snote N10で採用した、インテル最新のノートPC向けプラットフォーム“Huron River”を導入せず、従来と同じ、CPUにArrandaleを採用する“Calpella”(開発コード名)を搭載する。とはいえ、CPUをCore i5-580M vPro(2.66GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.33GHz)に強化した。

 システムメモリの容量は標準構成でDDR3を4Gバイト(2Gバイト+2Gバイト)で最大は6Gバイト。HDD容量は500Gバイト。14.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載して、解像度は1440×900ドットだ。本体サイズは326(幅)×251(奥行き)×25.5〜48.5(厚さ)ミリ、重さは約1.62キロ。バッテリー駆動時間は約9時間となる。

 本体に搭載するインタフェースはUSB 2.0×3(すべて右側面)、アナログRGB出力、有線LAN(1000BASE-T対応)、PCカードスロット(TYPEII準拠)、SDメモリーカードスロットを備える。無線接続では、IEEE802.11a/b/g/nとモバイルWiMAXに対応する。

モバイルWANかモバイルWiMAXか

 マイレッツ倶楽部モデルでは、ハイスペックモデルが用意される。CPUはCore i7-640M vPro(2.8GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.26GHz)を搭載。Bletooth Ver.2.1+EDRが利用できるほか、モバイルWAN対応構成も選べる。なお、この場合はモバイルWiMAX対応は選べない。バッテリー駆動時間はモバイルWAN対応構成で約9時間、モバイルWiMAX対応構成で約8時間。

 カラー天板は6色が用意されるが、本体色はシルバーフェザーのみとなる。

Let'snote Fシリーズ店頭モデルの概要(その1)
F10 CF-F10 (CF-F10AYCDR) 2スピンドル CPU、HDD強化 Core i5-580M(2.66GHz/最大3.3GHz) 4GB (DDR3) 500GB 64ビット版/32ビット版7 Professional 20万円前後
CF-F10 (CF-F10AYPDR) 2スピンドル CPU、HDD強化 Core i5-580M(2.66GHz/最大3.3GHz) 4GB (DDR3) 500GB 64ビット版/32ビット版7 Professional 22万5000円前後
Let'snote Fシリーズ店頭モデルの概要(その2)
F10 CF-F10 (CF-F10AYCDR) 14.1型ワイド 1440×900 Intel QM57 DVDスーパーマルチ CPU統合 ○/− 約1620グラム
CF-F10 (CF-F10AYPDR) 14.1型ワイド 1440×900 Intel QM57 DVDスーパーマルチ CPU統合 ○/Office Home and Business 2010 約1620グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう