ニュース
» 2011年02月02日 12時14分 UPDATE

最大16Tバイト:「TeraStation」の新ラインアップを投入、8ドライブモデルも

バファローがNAS製品「TeraStation」シリーズの新ラインアップを発表した。すべてのモデルでデュアルコアAtomを採用したほか、最大16Tバイトの容量を持つ8ベイモデルも登場した。

[ITmedia]
og_tera_001.jpg 新たに追加された8ベイモデル「TS-8VH16TL/R6」。計16Tバイトの大容量HDDを搭載

 バッファローは2月2日、同社のNAS製品「TeraStation」シリーズの新モデルを発表した。2/4/6/8ベイ搭載モデルに、1Uラックマウント(2ベイ)モデルを加えた全5製品がラインアップされる。価格帯は8万円〜36万円(税別)。2月下旬より順次出荷される見込みだ。

 TeraStationシリーズは、RAID 0/1/5/6/10の幅広いRAID機能をはじめ、軸受け部にダブルボールベアリングを用いた長寿命ファンや、長寿命コンデンサ搭載電源などを採用する、高い信頼設計が特徴のNAS製品。法人用途では主に共有ファイルサーバや、サーバのバックアップ機として利用されている。

 今回登場した新モデルは、CPUにデュアルコアのAtom D510(1.66GHz)を採用し、リード/ライト速度が引き上げられたほか、複数クライアントから同時アクセスする際のパフォーマンスを向上したのがポイントだ。さらに拡張ポートとして、従来のUSB 2.0に加え、2基のUSB 3.0も追加された(8ベイモデルは除く)。

 一方、機能面では、2台のTeraStationを使って冗長性を確保するレプリケーション機能が、障害時に自動で予備機に切り替わるフェイルオーバーに対応。これにより、従来のように手動で再設定する必要がなく、ダウンタイムを感じさせない運用が可能になったという。このほか、顧客の要望に応えて、内蔵HDDをカートリッジのように交換して使えるメディアカートリッジ機能も搭載した。

og_tera_002.jpgog_tera_003.jpgog_tera_004.jpg フロントからアクセスできるHDDベイを8基搭載(写真=左)。6ドライブモデルの背面。USB 3.0ポートも用意された(写真=中央)。6ドライブモデルと8ドライブモデルは、同じシャーシを採用しているが、8ドライブモデルにはUSB 3.0が用意されていない(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう