ニュース
» 2011年02月04日 11時30分 UPDATE

SAPPHIRE、“Fusion”搭載のmini-ITXマザー「IPC-E350M1」

アスクは、SAPPHIRE製となるmini-ITXマザーボード「IPC-E350M1」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクはこのほど、SAPPHIRE製となるmini-ITXマザーボード「IPC-E350M1」の取り扱いを発表、2月下旬より販売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は2万円以下の見込み。

photo.photo.IPC-E350M1

 IPC-E350M1は、GPU統合型CPUとなるAMD E350(1.6GHz)を標準搭載したmini-ITXマザーボードで、グラフィックス機能はRadeon HD 6310を利用可能だ。

 メモリスロットはDDR3 SO-DIMMスロットを2本、拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1のほかmini PCI Expressスロットも備えた。バックパネルはUSB 3.0×2、USB 2.0×4、eSATA、DVI/HDMI/アナログD-Sub出力などを利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう