ニュース
» 2011年02月07日 13時35分 UPDATE

PFU、SDKによる独自アプリ開発にも対応したネットワークスキャナ「ScanSnap N1800」

PFUは、ネットワーク対応のオフィス向けドキュメントスキャナ「ScanSnap N1800」を発表した。

[ITmedia]
photo ScanSnap N1800

 PFUは2月7日、ネットワーク対応のオフィス向けドキュメントスキャナ「ScanSnap N1800」を発表、2月25日より販売を開始する。価格はオープン、同社直販「PFUダイレクト」販売価格は17万8000円(税込み)。

 ScanSnap N1800は、10/100BASE-TX接続に対応したネットワークスキャナ。両面スキャンに対応、スキャン速度は20枚(両面40面)/分となっている。

 ネットワーク環境との親和性を重視した設計で、小規模ネットワーク内での利用のほかにもLDAP/LDAPS認証環境やFAXサーバ/Exchange Server/SharePointなどとの組み合わせも可能だ。

 機能拡張アプリケーションを開発できる専用SDKも別途提供、用途に応じた拡張が可能だ。また各種クラウド環境との連携もうたわれており、4月1日からGoogleドキュメント用Add-inの提供も行われる。SDKキット「ScanSnap N1800 SDK」(1年間プログラムサポート付き)の価格は20万7900円(税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう