ニュース
» 2011年02月23日 13時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:“Sandy Bridge”+BDXL対応BDドライブに強化、ハイクラスのAV液晶一体型──「dynabook Qosmio D711/D710」

“REGZA”のデザインを継承したボディと高機能AV機能が特徴の液晶一体型デスクトップPC「dynabook Qosmio D711/D710」が、第2世代Core iシリーズやBDXL対応Blu-ray Discドライブの採用で性能を強化した。

[ITmedia]

東芝の液晶一体型も第2世代Core iシリーズに一新、初のBDXL対応BDドライブを搭載

photo 東芝「dynabook Qosmio D711/D710」シリーズ

 家庭用液晶テレビのようなデザインと、AV機能を強化した構成が特徴の液晶一体型デスクトップPC「dynabook Qosmio D711/D710」シリーズは、2011年春モデル第1弾で投入したPentium P6200+シングルTVチューナー仕様の「D710/T5B」とともに、コードネーム:Sandy Bridge世代のインテル第2世代Core iシリーズを採用した高性能モデルも追加する。

 新ラインアップはCore i5-2410M(2.4GHz/最大2.9GHz/デュアルコア/Hyper-Threading Technology対応)+BDXL対応Blu-ray Discドライブ+SpursEngine+3波(地上、BS、110度CS)デジタルチューナー×2を搭載する「D711/T9B」、Core i4-480M(2.66GHz/最大2.93GHz/デュアルコア/HT対応)+Blu-ray Discドライブ+シングル地デジチューナー緒搭載する「D710/T7B」の2モデルで、発売済みのD710/T5Bを含む全3モデルで展開する。

 カラーバリエーションはリュクスホワイト、シャイニーレッド、プレシャスブラックの3色。発売は2011年3月下旬を予定。価格はオープン、実売価格はD711/T9Bが20万円前後、D710/T7Bが17万円前後と予想される。


photophotophoto カラーバリエーションはリュクスホワイト、シャイニーレッド、プレシャスブラックの3色

 それぞれ共通する主な仕様は、フルHD(1920×1080ドット)表示に対応する21.5型ワイドの液晶ディスプレイ(Clear SuperView液晶)、4Gバイトのメインメモリ(最大8Gバイト)、1TバイトのHDD、CPU統合グラフィックス、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、1000BASE-T準拠の有線LAN、ドルビーアドバンストオーディオ+オンキヨー製ステレオスピーカーによる高品位サウンドシステム、HDMI入力/D4映像入力(家庭用ゲーム機などを接続し、外部ディスプレイとして利用可能)、USB×6(D711/T9Bはこのうち2基がUSB 3.0、それ以外はすべてUSB 2.0)、マイク/ヘッドフォン入出力、RCA音声入力、同軸アンテナ入力など。OSはWindows 7 Home Premium(64ビット版か32ビット版を初期導入時に選択可能)、オフィススイートにOffice 2010 Home and Businessをプリインストールする。

 最上位のD711/T9Bは、Intel HM65+Core i5-2410による“Sandy Bridge”世代のプラットフォーム、BDXL対応のBlu-ray DiscドライブとSpursEngine、3波ダブルチューナー、USB 3.0×2の実装、Premiere Elements 8のプリインストールが差別化ポイントとなる。

 BDXLはBlu-ray Discの新たな規格で、これまでの最大50Gバイトを超える100Gバイト(3層)ないし128Gバイト(4層)の容量を記録できるのが特徴。例えば、約12時間分の地デジ番組をそのままの画質でBDXL対応メディア1枚に保存できる。SpursEngineは動画処理に特化した映像プロセッサ。4つのコアを搭載し、MPEG-4 AVC/H.264(以下、H.264)やMPEG-2のハードウェアデコード/エンコード機能を提供する。映像の処理に特化しているので、搭載する CPUより高速かつ低消費電力で動画処理が可能となり、Blu-ray Discの作成が高速になるほか、動画デコード/エンコード時のCPU使用率を低く抑えられるメリットがある。

 本体サイズは531(幅)×190(奥行き)×405(高さ)ミリ、重量は約8.5キロ。テンキー付きのワイヤレスキーボードと横スクロール機能付きワイヤレスレーザーマウス、テレビ操作用リモコンなどが付属する。

dynabook Qosmio D711/D710店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
dynabook Qosmio D711 D711/T9B (3色) 液晶一体型 新アーキテクチャ Core i5-2410M (2.3GHz/最大2.9GHz) 4096MB (DDR3) 1TB 64/32ビット版7 Home Premium 20万円前後
dynabook Qosmio D710 D710/T7B (3色) 液晶一体型 CPU強化 Core i5-480M (2.66GHz/最大2.93GHz) 4096MB (DDR3) 1TB 64/32ビット版7 Home Premium 17万円前後
D710/T5B (3色)(1月発表) 液晶一体型 CPU強化 Pentium P6200 (2.13GHz) 4096MB (DDR3) 1TB 64/32ビット版7 Home Premium 15万円前後
dynabook Qosmio D711/D710店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook Qosmio D711 D711/T9B (3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM65 BDXL・BD-R/RE 対応 Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2 /Office Home and Business 2010 約8.5キロ
dynabook Qosmio D710 D710/T7B (3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM55 BD-R/RE 対応 Blu-ray Disc CPU統合 地デジ /Office Home and Business 2010 約8.5キロ
D710/T5B (3色)(1月発表) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM55 DVDスーパーマルチ CPU統合 地デジ /Office Home and Business 2010 約8.5キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう