レビュー
» 2011年03月04日 14時00分 UPDATE

なんだか“微妙”ヤツを試してみよう:さて、便利なのかな? 置くだけで充電できちゃう「iPhone無接点充電セット」を試す

iPhoneは使い方によってバッテリーの減りが結構早く、充電するためにケーブルを差す行為も少し面倒と感じることがある。今回は置くだけで充電できるという上海問屋「iPhone 無接点充電セット」が便利かをチェックする。

[井上翔(K-MAX),ITmedia]

置くだけで充電できる「無接点充電セット」

photo 上海問屋「iPhone 無接点充電セット」とオプションの「無接点充電セット用iPhone 3G/3GS用ケース」。専用ケースを装着したiPhoneを、平らな充電プレートの上に置くだけで充電できる

 使い込むほどバッテリーの減りが早く感じてしまいがちなiPhone。家に帰ったら「充電する」が日課になっている人も多そうだが、充電するために専用ケーブルを準備して、向きを確かめつつ差す行為が少し面倒と感じることがある。

 そんな手間を少し軽減できそうな充電キットが、上海問屋の「iPhone 無接点充電セット」である。

 無接点充電セットは、2台同時に充電できる平らな充電プレートとiPhone本体に装着する専用ケースで構成する。ラインアップは、iPhone 4用ケースが付属する「DN-WPC-S4RC」とiPhone 3G/3GS用ケースが付属する「DN-WPC-S3GS」の2種類(別途専用ケースのみの追加購入も可能)。価格はそれぞれ4999円(税込み)だ。


photophotophoto 専用ケースはツーピース構造。よくあるバッテリー付きiPhoneケースのような感じで、Dockコネクタが付いている。iPhone 4用は底面にある内蔵スピーカーをふさいでしまわぬような穴が空いている。ケースを装着すると、なかなか大柄になってしまうのが少々難点だ
photophotophoto iPhone 3G/3GS用は裏面にスタンド機構を備え、正面向きに立てて設置することも可能。カラーはツヤありのブラックのみとなる
photo 充電プレートの中央の二重丸印あたりに置く。専用ケースをもう1つ用意すれば2台同時に無接点充電が可能だ

 使い方は簡単。iPhone本体に専用ケースを装着し、充電プレートに置くだけだ。専用ケースは本体のDockコネクタに差しつつ本体全体を覆うもので、電磁誘導コイルを内蔵するため少し大きく厚い。この専用ケースとともに無接点充電を行う仕組みで、身近なものでは電動ハブラシや電動シェーバーなどにも使われている。

 充電プレートは2台同時に充電できるようになっている。プレートの二重丸印とケースの中心部を重ねるように、そのあたりの“磁力”を感じるポイントに置くのがコツだ。


専用ケースを装着し、充電プレートに乗せるだけで充電できます。無接点充電が可能な範囲は少し狭めなので、中央付近の磁力でくっつくところをスリスリ探して置くのがコツですね
(再生できない場合はこちらから)


photo 専用ケースには別途Micro USB端子も備わる。これを使い、iTunesとの同期も行えた

 専用ケースについては、デザイン+普段の使い勝手をとるか、このキットによる簡単充電の利便性をとるか、評価が難しい。デザインに関する好みは人それぞれと思うが、つくりや塗装の仕上げについてはややチープな印象を受けるかもしれない。ちなみに、専用ケースの底面にはMicro USB端子も付いている。これを経由して有線接続によるUSB充電も可能で、PCと接続すればiTunesでの同期も行える。iPhone+その他スマートフォンやポータブルルーター機器などと“複数台持ち”の人は、普段携帯するUSBケーブルを少なくできるのが喜ばしい……かもしれない。

 ともあれ「置くだけで充電できる」ことについてはすごく手軽だ。無接点充電は、国際標準規格団体のWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)が提唱する「Qi(チー)」規格を中心にモバイル機器業界で注目される手段の1つで、NTTドコモも実用化に向けた開発を行っている。そんなちょっと近未来の充電スタイルを先取りしてみるのも悪くないと思うのだ。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.