ニュース
» 2011年03月17日 12時05分 公開

Supermicro、P67チップセット採用ゲーミングマザー「MBD-C7P67-O」など2製品

アスクは、Supermicro製となるIntel P67/Q67チップセット搭載マザーボード2製品「MBD-C7P67-O」「MBD-C7Q67-O」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクはこのほど、Supermicro製となるIntel P67/Q67チップセット搭載マザーボード2製品「MBD-C7P67-O」「MBD-C7Q67-O」の取り扱いを発表、4月上旬より出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格はMBD-C7P67-Oが2万円台前半、MBD-C7Q67-Oが2万円台後半の見込み。

photophoto MBD-C7P67-O(左)、MBD-C7Q67-O(右)

 MBD-C7P67-Oは、チップセットとしてIntel P67 Expressを採用したLGA1155対応のATXマザーボード。メモリスロットはDDR3スロット4本を装備(最大32Gバイト)、拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1(またはx8×2)、PCI Express x1×3、PCI×2を備えた。ほか、USB 3.0/SATA 6G/sもサポートする。

 MBD-C7Q67-Oは、Intel Q67 Expressチップセットを採用したmicroATXマザーボードで、映像出力としてHDMI×2を装備した。メモリスロットはDDR3スロット4本を装備(最大32Gバイト)。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×1を備えるほか、USB 3.0/SATA 6G/sも利用可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう