ニュース
» 2011年04月04日 11時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:15.6型ワイドのプレミアムスタンダードノートPC――「HP Pavilion Notebook dv6-6000」

日本HPの15.6型ワイドノートPC「HP Pavilion Notebook dv6-6000」は、Core i7を搭載するPremiumモデルと、Core i3/i5を搭載するStandardモデルの2つラインを用意した。

[ITmedia]
og_dv6_001.jpg メタルボディのHP Pavilion Notebook dv6-6000 Premium Line

 日本ヒューレット・パッカードは、2011年PC春モデルの第3弾として、15.6型ワイド(1366×768ドット)の「HP Pavilion Notebook dv6」にも2つモデルを投入した。Core i7を搭載するPremium LineとCore i3のStandard Lineがあり、前者はdv7-6000と同じアルミボディにヘアライン加工を施したデザイン、後者は光沢感のある格子状のデザインとなっている。HP Directplusの最小構成価格は4万9980円で、4月中旬より出荷される。

 HP Pavilion Notebook dv6-6000 Premium Lineは、一回り大きな液晶ディスプレイを搭載するdv7-6000の兄弟機にあたり、ヘアライン加工を施したダークアンバーのアルミボディなど外装のデザインを踏襲している。

 BTOメニューは、CPUがCore i7-2630QM/2720QM、メモリが2Gバイト/4Gバイト/8Gバイト、ストレージが250Gバイト〜1TバイトHDDおよび160GバイトSSDという構成だ。光学ドライブはDVDスーパーマルチ機能付きのBlu-ray Discドライブで、グラフィックスは外付けのAMD Radeon HD 6770で固定となる。また、左側面に2基のUSB 3.0対応ポートを搭載する。なお、従来キーボード脇にあったファンクションキーがなくなり、10キーに変更されている。

 一方のStandard Lineは、光沢感のある「HP Inprint」デザインを採用した樹脂製のボディになっているのが大きな違いだ。また、CPUの選択肢はCore i3-2310M/Core i5-2410Mで、グラフィックスもCPU統合型のIntel HD Graphics 3000となる。IEEE802.11b/g/n対応の無線LANやBluetooth 3.0、マルチタッチジェスチャー対応のタッチパッドなどは共通だ。

og_dv6_002.jpgog_dv6_003.jpgog_dv6_004.jpg Premium Lineはアルミにヘアライン、Standard LineはHP Inprintというデザイン上の違いがある(写真=左/中央)。Premium Lineは左側面にUSB 3.0対応ポートを搭載する(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.