ニュース
» 2011年04月04日 11時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:極上ノート「ENVY」に17.3型ワイドモデルが登場――「HP ENVY17-2000」

日本HPの高級ブランドPC「ENVY」に17.3型ワイドモデルが加わった。デザイン、音質、性能のすべてに妥協しない最上位モデルだ。

[ITmedia]
og_envy_001.jpg HP ENVY17-2000

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は4月4日、個人向けノートPCの2011年春モデル第3弾として、ラインアップの最上位に位置する「ENVY」に17.3型ワイドモデル「HP ENVY17-2000」を追加した。同社直販サイト「DirectPlus」での価格は、最小構成時で9万9960円。4月下旬より発売する。

 HP ENVY17-2000は、17.3型ワイド(1920×1080ドット/1600×900ドット)の光沢液晶ディスプレイを搭載するハイパフォーマンスノートPC。ENVYブランドの特徴であるデザインは、天面とパームレストにエッチング処理を施したアルミを採用し、底面にもマグネシウム合金を用いるなど、フルメタルの外装だ。また、「HP ENVY14 Beats Edition」でおなじみのキーボードバックライトや、ヒップホップミュージシャンのDr.Dre(ドクター・ドレー)が手がけた「Beats Audio」も踏襲しており、前面スピーカーと底面のトリプル・バス・リフレックス・サブウーファとあわせてクリアかつ迫力のあるサウンドを楽しめる。

og_envy_002.jpgog_envy_003.jpgog_envy_004.jpg アルミにエッチング処理を施した外装デザイン(写真=左)。10キー付きキーボードは、暗がりでバックライトが光る(写真=中央)。底面にサブウーファを搭載(写真=右)

 基本スペックはBTOメニューでカスタマイズでき、CPUはCore i7-2630QM/2820QM/Corei5-2410Mの3種類、メモリが4Gバイト/8Gバイト、ストレージはHDDとSSDの組み合わせを選択できる。2.5インチベイを2基搭載しており、システムドライブをSSDにする、もしくは2台のHDDでRAID 0構成にするなど、よりパフォーマンスを追求した構成が可能だ。また、グラフィックスは外付けのAMD Radeon HD 6850を搭載し、AMD Eyefinityテクノロジーをサポート。左側面にHDMI、Mini DisplayPort、アナログRGBと3つのビデオ出力を備え、最大3つのディスプレイに各1920×1080ドットで表示できる。光学ドライブは、スロットローディング式のDVDすーマーマルチ/Blu-ray ROMのコンボドライブとなっている。

og_envy_006.jpgog_envy_007.jpgog_envy_008.jpg 本体左側面(写真=左)と右側面(写真=中央)。AMD Eyefinityに対応し、最大3つの画面に同時出力できる(写真=右)

 インタフェース面では、各種メモリカードに対応する5in1スロットやUSB 3.0なども搭載。無線機能としてIEEE802.11a/b/g/n対応+Bluetoothを備える。また、タッチパッドは、3本指で任意のアプリケーション(デフォルではIE)を起動するマルチタッチジェスチャーにも対応した。ソフトウェアとしてAdobe Photoshop Elements 9およびAdobe Premier Elements 9がプリインストールされるほか、Microsoft Office Personal 2010の有無を選択できる。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premiumだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう