レビュー
» 2011年04月04日 17時05分 UPDATE

こなくそ、けっぱれ、がんぱっぺ:“離れて暮らす親”にとってもらう「PCで使えるメールアドレス」 (1/4)

「Twitter」もそうですが、インターネットで利用できるサービスでは「PCで使えるメールアドレス」があると便利です。今回はこの登録方法を紹介します。

[山口真弘,ITmedia]

なにかと必要な“PCで使える”メールアドレスをGmailで用意しよう

 「メール」という言葉は、“離れて暮らす親”も知っているほど、ごく普通になりました。ただ、多くの人は“携帯電話”でメールを使っているようです。一方で、すでに紹介しているtwitterなど、PCを使ってインターネットで利用できるサービスでは、“PCで使える”メールアドレスがあると便利な場合もあります。

 携帯電話で使うメールは、携帯電話が規制されたときに使いにくくなりますが、PCで使うメールは、インターネットに接続できるPCがあれば携帯電話の規制に関係なく使えたことが、東日本大震災では報告されています。もちろん、インターネットにつながっているPCがないと、PCで使えるメールは利用できませんが、Twitterで使うダイレクトメッセージの説明でも述べたように、「複数の連絡手段」を用意しておくと安心できます。

 ところが、PCで使えるメールアドレスを用意するのは意外と面倒です。離れて暮らす親や知り合いに説明しようと思っても、相手がPCやインターネットに詳しくないと、口頭で伝えるのは難しいでしょう。そこで今回は、PCから利用ができる、無料のメールアドレスの登録方法を説明します。

Gmailのアカウントを作成してみよう

 今回紹介するのは、「Gmail」(ジーメール)という無料のメールサービスです。検索サービスで有名なGoogle(グーグル)という会社が運営しています。

 無料で使えるメールには、画面に広告が表示されたり広告メールが届いたりするサービスもありますが、Gmailは広告の表示が少なく広告メールが届くこともありません。

kn_tohokumail_29.jpg Gmailは、Googleという会社が運営する無料のメールサービスです

 Gmailで登録したメールアドレスは、PCだけでなく、携帯電話やiPhoneなどのスマートフォンでも利用できます。PCが使えないときでも、携帯電話やスマートフォンでメールが利用できます。

kn_tohokumail_30.jpg Gmailは、携帯電話やスマートフォンでも使えます。でも、最初の登録手続きは、PCから行ったほうが楽です

最初にするのは「アカウントを作成する」

 Gmailを利用するには「アカウントを作成する」と呼ぶ登録手続きをします。この手続きは、PCを使って、「Internet Explorer」(インターネット・エクスプローラ)というWebブラウザからできます。電話やFAX、郵送などによる申し込みはできません。

 Internet Explorerの一番上に青い帯があります。その下の白い細長い枠に「mail.google.com」と文字を入れて、「Enter」キーをマウスで押しましょう。左上に「Gmail」のマークがあるページが表示されます(なお、「ここ」をマウスで押すと同じGmailのページが表示できるようにしてあます)

 Gmailのページが表示されたら、画面の右下にある「アカウントを作成する」というボタンをマウスで押します。すると「アカウントを作成」という画面が表示されます。ここで上から順に、名前やパスワードといった必要項目を入力します。

kn_tohokumail_01.jpg Gmailのページを表示すると右下に「アカウントを作成する」というボタンがあります

kn_tohokumail_02.jpg Gmailでアカウントを作成する画面。上から順番に入力していきます

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう