ニュース
» 2011年04月13日 11時31分 UPDATE

Microsoft、IE10をARMと次世代Windowsでデモ

MicrosoftがIE10を初披露したデモが、ARMプロセッサで動いていたことが分かった。

[ITmedia]

 米Microsoftが4月12日、次世代ブラウザ「Internet Explorer(IE)10」をMIX11カンファレンスで披露し、開発者向けプレビュー版を公開した。このデモはARMプロセッサと次世代Windowsで動いていたことが分かった。

 NVIDIAはTwitterで、IE10がTegra 2と次期版Windowsで動作していたことを明らかにしている。

 Microsoftは1月に、次期版Windowsをx86系プロセッサだけでなく、ARMプロセッサにも対応させる方針を発表していた。ARMプロセッサの採用が多いタブレットやスマートフォンを狙った動きだ。同OSは2012年にリリースされるとみられる。

 IE10はパフォーマンスやHTML5サポートを強化することを目指す。現在同ブラウザは開発者向けプレビュー版がTest Driveサイトでダウンロード提供されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう