ニュース
» 2011年04月15日 19時46分 UPDATE

ユニスター、QNAP「TurboNAS」シリーズにメモリ増設が可能なモデル

ユニスターは、QNAP製NASの法人向けモデルとして「TS-459ProII」「TS-559ProII」「TS-659ProII」を発売した。最大3Gバイトまでメモリを増設できる。

[ITmedia]
og_qnap_001.jpg QNAP TurboNAS TS-659ProII

 ユニスターは4月15日、QNAP製NAS「TurboNAS」シリーズの法人向けモデルとして、「TS-459ProII」「TS-559ProII」「TS-659ProII」を発表、同日より販売を開始した。実売価格は順に9万5900円前後、11万2900円前後、12万9900円前後。

 TS-x59ProIIシリーズは、CPUにデュアルコアのAtom D525(1.8GHz)を採用し、デュアルギガビットLAN(ロードバランシング/フェイルオーバー対応)を搭載するハイパフォーマンスモデル。ホットスワップ可能なHDDベイを備え、RAID 0/1/10/5/6/10+ホットスペアなど幅広いRAID構成に対応するほか、最新ファームウェアV3.4により3TバイトHDDをサポートした。また、拡張用インタフェースとして、USB 3.0ポートやeSATAポートも搭載する。さらに、今回の3モデルでは、標準1Gバイト容量のメモリを最大3Gバイトまで増設できるようになった。主な仕様はほぼ共通で、TS-459ProIIが4ドライブ、TS-559ProIIが5ドライブ、TS-659ProIIが6ドライブとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.