ニュース
» 2011年04月18日 17時00分 UPDATE

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月4日〜4月10日):人気はCore i7-2600K+Intel P67マザーの組み合わせ──自作PCパーツの売れ筋チェック (1/5)

CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第2週版】

[ITmedia]

CPU:首位は変わらず「Core i7-2600K」 このほか、第2世代Core iシリーズが上位を占める

photophoto 販売が再開されたIntel 6チップセット搭載マザーボードともに、CPUも第2世代Core iシリーズがランキングの上位を占めた(写真は左がCore i7-2600K、右がCore i5-2400SとCore i5-2500K)

 現在、インテルの第2世代Core iシリーズが売れ筋となっている。2011年2月に発生したIntel 6シリーズマザーボードの不具合で同マザーボードに対応するCPUも売れ行きが同様に落ち込んだが、2011年4月現在は販売状況がほぼ元に戻った。在庫もある程度潤沢のようで、2月〜3月初旬に買い控えた層が改めて新プラットフォームに買い換え・乗り換える動きがランキングの変動からも見て取れる。

 中でも人気は定格3.4GHz/最大3.8GHzのクアッドコア/HT対応モデル「Core i7-2600K」。今回で連続首位記録を「5」に伸ばした。型番に“K”が付くクロック倍率可変モデルとして、オーバークロックなどを楽しみたい自作PCユーザーに多く需要がある。2011年4月現在、実売2万円台後半から3万円弱で販売されている。

 なお、CPU単体での販売以外に、第2世代のCore iシリーズ+Intel 6シリーズマザーボードを採用したショップブランドPCのニーズも増えているという。こちらは、後の拡張やカスタマイズは想定しつつ、手軽に“Sandy Bridge”対応のハイスペックPCを導入したいと思う層向けの購入方法となっている。



CPU販売ランキング TOP10

2011年4月4日〜4月10日
順位前回順位メーカー製品名
1位1インテルCore i7-2600K(BX80623I72600K)
2位2インテルCore i7-2600(BX80623I72600)
3位3インテルCore i5-2500K(BX80623I52500)
4位4インテルCore i5-2500(BX80623I52500)
5位5インテルCore i7-2400(BX80623I52400)
6位7インテルCore 3-2100(BX80623I32100)
7位6インテルCore i3-540(BX80616I3540)
8位11AMDPhenom II X4 955(HDX955WFGMBOX)
9位8インテルCore 3-2100T(BX80623I32100T)
10位9インテルCeleron E3400(BX80571E3400)

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。



       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.