ニュース
» 2011年04月22日 13時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:Sandy Bridge搭載モデルが充実した!──「Let'snote」2011年夏モデル (1/2)

パナソニックは、4月22日にLet'snoteの2011年夏モデルを発表した。今回登場するのは従来からの「B」「S」「N」「J」、そして、「C」にも新モデルが加わった。

[ITmedia]

Let'snote 2011年夏モデルの主な特徴

ラインアップ

  • シリーズ構成は従来どおり
  • すべてのシリーズで型番は“10”を継続(Cシリーズは“1”のまま)
  • Fシリーズは新モデルなしで春モデルを法人向けに

ハードウェア

  • C1」の店頭モデルで“Sandy Bridge”世代のCPUを採用
  • J10」の店頭モデルとマイレッツ倶楽部モデル下位機種で“Sandy Bridge”世代のCPUを採用
  • C1」の店頭モデルでメモリ容量を強化
  • すべての店頭モデルでHDD容量を強化
  • S10」「N10」「J10」のすべてでUSB 3.0を導入
  • S10」「N10」のすべてで高容量バッテリーを採用し駆動時間が向上
  • B10」マイレッツ倶楽部プレミアムエディションでSSD搭載構成を追加

ソフトウェア

  • すべてのモデルでService Pack 1を適用
  • すべてのモデルでInternet Explorer 9を出荷時に導入
  • C1」にクイックブートマネージャーを導入


「C1」「J10」店頭モデルでもSandy Bridge搭載モデルが充実

 Let'snoteの2011年夏モデルでは、従来からあるシリーズの性能強化がメインとなる。新しいシリーズは登場しないが、「C1」で新モデルが投入された。

 新しい「J10」の店頭モデル下位機種とC1では、“Sandy Bridge”世代のCPUを採用して、プラットフォームが最新のHuron Riverに変更された。

kn_lets11sum_04.jpgkn_lets11sum_05.jpg ひさびさの新モデル投入となった「Let'snote C1」(写真=左)と、下位モデルでも“Sandy Bridge”を採用した「Let'snote J10」(写真=右)

 新しい「B10」「S10」「N10」は、データストレージの容量が増えたほか、本体搭載インタフェースはUSB 3.0が加えられた。この改善は、C1とJ10でも共通する。また、C1の店頭モデルとマイレッツ倶楽部モデルプレミアムエディションのほとんどで、メモリ容量を標準構成で8Gバイト、最大16Gバイトに強化した。

 S10とN10では、バッテリーが高容量タイプに強化され、それに伴ない、バッテリー駆動時間が店頭モデルで最大約16.5時間、マイレッツ倶楽部モデルプレミアムエディションでSSDを搭載するS10では最大約17時間を実現した。

 OSでは、すべてのモデルでService Pack 1を適用、Internet Explorerも“9”を工場出荷時に導入する。

kn_lets11sum_01.jpgkn_lets11sum_02.jpgkn_lets11sum_03.jpg Let'snote B10(写真=左)、Let'snote S10(写真=中央)、Let'snote N10(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう