ニュース
» 2011年04月22日 13時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:ツウな軽量1スピンドル“レッツ”はIE9を標準導入──「Let'snote N10」

パナソニックは、4月22日に「Let'snote N10」の新モデルを発表した。工場出荷状態でOSにService Pack 1を適用し、Internet Explorer 9が導入される。

[ITmedia]
kn_lets11sum_03.jpg Let'snote N10

 Let'snote N10の新モデルは、ボディデザインとサイズ、インタフェースや搭載する液晶ディスプレイのサイズと解像度などは、従来のLet'snote N10とほぼ共通する。店頭モデルではHDDの容量が750Gバイトに強化され、Let'snote S10の新モデルと同様に、バッテリーに高密度タイプの採用で容量が増加し、駆動時間が約16.5時間と伸びた。本体搭載のインタフェースにUSB 3.0が追加されたのもLet'snote S10新モデルと共通する。

 本体サイズは、282.8(幅)×209.6(奥行き)×23.4〜38.7(厚さ)ミリ、重さは標準バッテリー搭載時で約1.28キロ。チップセットはIntel QM67 Expressで、店頭モデルのCPUは“Sandy Bridge”世代のCore i5-2520M vPro(2.5GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.2GHz)となる。システムメモリの容量は標準状態で4Gバイト、最大では8Gバイトまで拡張可能。搭載する液晶ディスプレイは12.1型ワイドで解像度は1280×800ドットだ。

 OSはWindows 7 Professionalで、工場出荷状態でService Pack 1が適用されている。初期導入時に64ビット版と32ビット版を選択できる。なお、ほかのLet'snoteシリーズで用意される Microsoft Office Home & Business 2010標準付属モデルが、Let'snote N10では存在しない。

 マイレッツ倶楽部モデルでは、ハイスペックモデルとプレミアムエディションが登場する。ハイスペックモデルでは、Core i5-2540M vPro(2.6GHz、Turbo Boost Technology有効時で3.3GHz)を搭載してHDD容量を750Gバイトにした。プレミアムエディションでは、CPUがCore i7-2620M vPro(2.7GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.4GHz)、データストレージには256GバイトのSSDを採用する。

Let'snote 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
N10 CF-N10 1スピンドル HDD強化 Core i5-2520M (2.5GHz/最大3.2GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版/32ビット版7 Professional SP1 19万円前後

Let'snote 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU vPro/オフィス 重量
N10 CF-N10 12.1型ワイド 1280×800 Intel QM67 CPU統合 ○/− 約1280グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう