ニュース
» 2011年05月13日 11時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:第2世代Core i+新ボディで下位機をフルモデルチェンジ――「FMV LIFEBOOK SH」

13.3型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「FMV LIFEBOOK SH」は、下位機に第2世代Core iや新デザインのボディを採用。オプションでベイ内蔵型プロジェクターも用意した。

[ITmedia]

エントリークラスもSandy Bridge世代へ

tm_1105sh_01.jpg フルモデルチェンジした下位機「SH54/D」。写真は新色のルビーレッド

 富士通は5月19日、13.3型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「FMV LIFEBOOK SH」シリーズの2011年夏モデルを発売する。店頭モデルのラインアップは、Core i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz)搭載の上位機「SH76/D」と、Core i3-2310M(2.1GHz)搭載の下位機「SH54/D」を用意。実売価格はSH76/Dが18万円前後、SH54/Dが15万円前後と予想される。

 FMV LIFEBOOK SHは光学ドライブを着脱可能なモバイル・マルチベイ構造とし、ベイカバーとの交換による軽量化や、オプションの増設バッテリーを内蔵することでの長時間駆動に対応するモバイルノートPC。状況に応じて最適な構成をユーザーが選択できるのが特徴だ。今回から新オプションとして、ベイ内蔵型のモバイルプロジェクターユニット(7万9800円)が追加された。

 2011年夏モデルは下位機のSH54/Dをフルモデルチェンジし、全機種が第2世代Core iシリーズ(開発コード名:Sandy Bridge)で統一された。2011年春モデルではCPUに旧世代のCore i3-380M(2.53GHz)を採用していたが、SH54/Dは第2世代のCore i3-2310M(2.1GHz)を搭載し、グラフィックス機能をCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000に、チップセットをIntel HM65 Expressに移行している。

 そのほかの基本スペックは、白色LEDバックライトの13.3型ワイド光沢液晶(1366×768ドット表示)、4Gバイトメモリ(2Gバイト×2/PC3-10600)、640GバイトHDD、着脱式DVDスーパーマルチドライブを備える。

 SH54/Dは最新アーキテクチャの採用とともに、ボディデザインも一新。天面にグロスとマットを組み合わせたIMR処理を施し、ボディの質感に配慮した。また、ボディカラーは新色のルビーレッドを含む3色が用意される。

 本体サイズは321(幅)×228.5(奥行き)×27.1〜35.5(高さ)ミリ、重量は光学ドライブ装着時で約1.88キロ、非装着時で約1.75キロだ。バッテリー駆動時間は標準で約11時間、オプションのベイ内蔵型増設バッテリー装着時で約14.6時間をうたう。

tm_1105sh_02.jpgtm_1105sh_03.jpg 下位機のSH54/Dは記事冒頭のルビーレットを含む、全3色のカラーバリエーションが用意されている

tm_1105sh_04.jpg 上位機の「SH76/D」

 一方、上位機のSH76/Dは小幅なアップグレードとなっており、メモリ容量を標準で8Gバイト(4Gバイト×2/PC3-10600)に倍増した以外、2011年春モデルのスペックをほぼ継承している。Core i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz)、640GバイトHDD、着脱式DVDスーパーマルチドライブ、薄型・軽量・高輝度・低反射タイプの白色LEDバックライト付き13.3型ワイド光沢液晶(1366×768ドット表示)に変更はない。

 ボディサイズはSH54/Dと同じフットプリントだが、高さが24.2〜32.3ミリに抑えられており、重量が光学ドライブ装着時で約1.66キロ、非装着時で約1.52キロと軽い。バッテリー駆動時間は標準で約10.4時間、オプションのベイ内蔵型増設バッテリー装着時で約14.2時間としている。

 2モデルとも、通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、IEEE802.16e-2005準拠のWiMAX、1000BASE-Tの有線LANを搭載し、USB 3.0、USB 2.0×2(1基は電源オフ時のUSB充電機能付き)、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力、ExpressCard/54スロット、SDXC対応SDメモリーカードスロット、有効画素数約30万画素のWebカメラ、指紋センサーなどを備える。

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium、オフィススイートはWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteが含まれたOffice Home and Business 2010をプリインストールしている。

 節電対策も強化した。SH76/Dは電源オフ時や休止状態にバッテリーの充電が完了すると、ACアダプタからの電力供給を制御する。また、2モデルともACアダプタからの供給電力を低減するソフトウェア「ECO Sleep」を搭載するほか、バッテリー充電を抑止する時間帯設定が可能なピークシフト用ソフトが提供される。

 なお、富士通直販サイト「WEB MART」では、購入時に仕様を選択できるカスタムメイドモデルを用意。ディスプレイ(ノングレアパネル)やOSのエディション(64ビット版Windows 7 Professional SP1など)、CPU(Core i7-2620Mなど)、メモリ(最大8Gバイト)、ストレージ(256GバイトSSDなど)、モバイル・マルチベイのデバイス(Blu-ray Discドライブ/光学ドライブ非搭載など)、キーボードデザイン(アイソレーションキーボード)などが選べる。

FMV LIFEBOOK SH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
LIFEBOOK SH SH76/D 2スピンドル メモリ強化 Core i5-2520M (2.5GHz/最大3.2GHz) 8GB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 18万円前後
SH54/D (3色) 2スピンドル フルモデルチェンジ Core i3-2310M (2.1GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 15万円前後
FMV LIFEBOOK SH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
LIFEBOOK SH SH76/D 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM65 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/Office Home and Business 2010 約1.66キロ
SH54/D (3色) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM65 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/Office Home and Business 2010 約1.88キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう