ニュース
» 2011年05月13日 11時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:下位機も“Sandy Bridge”世代となったスリムデスクトップ――「FMV ESPRIMO DH」

24/22型ワイド液晶を付属する省スペースデスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」は、下位機のCPUやチップセットが世代交代し、デザインが上位機と統一された。

[ITmedia]

下位機の強化でシリーズ全体のプラットフォームとボディデザインを統一

ki-esprimo54.jpg 性能が向上した「FMV ESPRIMO DH54/D」

 富士通は5月19日、セパレート型スリムデスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」の2011年夏モデルを発売する。店頭モデルの新機種は22型ワイド液晶(1680×1050ドット)を付属する「DH54/D」のみで、実売価格は13万円強の見込みだ。

 見どころはSandy Bridge(開発コード名)こと第2世代Core iシリーズのCPUを採用し、ボディデザインも変更したこと。CPUはCore i3-2100(3.1GHz)、チップセットはIntel H67 Expressを搭載し、グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 2000を利用する。

 メモリは4スロットに倍増し、容量を最大16Gバイトまで増やせるようになった(標準は2Gバイト×1/PC3-10600)。HDD容量は従来の500Gバイトから1Tバイトに増量、背面に2基のUSB 3.0ポートを新設するなど、性能面で大幅な向上が見られる。

 プリインストールOSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートはWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteが含まれたOffice Home and Business 2010を採用する。

ki-esprimo77.jpg 継続販売となった「FMV ESPRIMO DH77/C」

 一方、24型ワイド液晶(1920×1200ドット)を付属する2011年春モデルの「DH77/C」は継続販売されるため、FMV ESPRIMO DHシリーズとしては上位機DH77/Cと下位機DH54/Dの2モデル構成となる。下位機のフルモデルチェンジにより、シリーズを通じてSugar Bay(開発コード名)プラットフォームに完全移行し、共通のボディデザインになったのもポイントだ。

 なお、富士通直販サイト「WEB MART」のカスタムメイドモデルでは、第2世代のCore iシリーズや最大16Gバイトのメモリ、最大2TバイトのHDDといった本体の仕様を選択できるほか、付属の液晶ディスプレイもノングレアの24型ワイドモデルや、ディスプレイなしの構成を選べる。特にCPUはCore i3もSandy Bridge世代となり、Core i3-2100(3.1GHz)、Core i5-2300(2.8GHz/最大3.1GHz)、Core i7-2600(3.4GHz/最大3.8GHz)を搭載可能だ。

FMV ESPRIMO DH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
ESPRIMO DH DH54/D セパレート型 デザインを上位機と統一、新アーキテクチャ Core i3-2100 (3.1GHz) 2GB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 13万円強
FMV ESPRIMO DH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
ESPRIMO DH DH54/D 22型ワイド 1680×1050 Intel H67 DVDスーパーマルチ CPU統合 −/Office Home and Business 2010 約7.5キロ (本体)

関連キーワード

FMV ESPRIMO DH | FMV | FMV ESPRIMO | スリムPC


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通