ニュース
» 2011年05月16日 11時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:クアッドコアCore i7で性能強化、“ワイヤレスTV+3D”対応モデルも──「LaVie L」

上質デザインが特徴のA4オールインワンノートPC「LaVie L」は、主力モデルはクアッドコアのCore i7への刷新で性能を強化し、YAMAHAサウンド+ワイヤレスTV+3D対応のテレビモデルも従来通りにラインアップする。

[ITmedia]

主力モデルにクアッドコアCore i7を採用、映像+サウンドの高性能ノートPC

photo 高性能志向のオールインワンA4ノートPC「LaVie L」(LL850/ES6R クリスタルレッド)

 NECの主力ノートPC「LaVie L」は、高級感のあるデザインと高性能、映像、サウンド、テレビ機能、3D立体視機能など、“これまでよりちょっと高級”な仕様を望むユーザーに訴求するA4オールインワンノートPCだ。今回の夏モデルは、ボディデザインやアーキテクチャを前回の春モデルより継承したマイナーチェンジを行い、クアッドコアの第2世代Core i7を採用した主力モデルを中心に基本性能の向上を果たした。

 ラインアップはCore i7-2630QM(2.0GHz/最大2.9GHz)+8Gバイトメモリ搭載の「LL850/ES」、ワイヤレスTVデジタル+3D対応フルHDディスプレイ搭載の「LL770/ES」、Core i7-2630QM+4Gバイトメモリ搭載の「LL750/ES」、地デジチューナーを内蔵したお手軽テレビモデル「LL370/ES」の4機種。LL850/ESとLL750/ESは4色(クリスタルブラウン、クリスタルレッド、クリスタルホワイト、クリスタルブラック)、LL370/ESは2色(クリスタルホワイト、クリスタルブラック)のカラーバリエーションを用意する。

 発売は2011年5月中旬を予定。価格はオープン、実売価格はLL850/ESが18万5000円前後、LL770/ESが21万円前後、LL750/ESが17万5000円前後、LL370/ESが13万円前後と予想される。


photophotophotophoto 左から、クリスタルブラウン、クリスタルレッド、クリスタルホワイト、クリスタルブラック

 “透明感/高級感”を演出するカラーリングや、つやのあるクリアコートを施したクリスタライズキーを採用したテンキー付きアイソレーションキーボードなど、高級感と使いやすさを両立したボディデザインは前モデルを継承している。低消費電力ながら明るくみやすいLEDバックライト搭載の15.6型ワイド液晶ディスプレイ、ノートPCながら低音も豊かに再生するYAMAHA監修のサウンドシステム、すりキズが付いても自然に消える独自の“スクラッチリペア天板”などが特徴。搭載OSは全機種で64ビット版のWindow 7 Home Premium(SP1)を採用。オフィススイートにOffice Home and Business 2010をプリインストールする。

 主力モデルのLL850/ESとLL750/ESは、搭載CPUをクアッドコア/8スレッドの同時処理に対応するCore i7-2630QMに刷新した強化点を軸に、標準で8Gバイトのメインメモリ(LL750/ESは4Gバイト)、750GバイトのHDD、Blu-ray Discドライブ、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイ(高輝度・高色純度・低反射型のスーパーシャインビューLED-EX2液晶)などを搭載する。グラフィックスはCPU統合のIntel HD Graphics 3000を用いる。

photo ワイヤレスTVデジタルによる3波+ひかりTV対応テレビチューナーが付属し、3D表示対応のフルHDディスプレイを搭載する“3Dテレビ”モデル「LL770/ES」

 “地デジ対応”モデルはLL770/ESとLL370/ESの2機種。上位のLL770/ESは地上/BS/110度CSデジタル放送対応チューナーの機能をワイヤレス環境で利用できる「ワイヤレスTVデジタル」キットが付属し、フルHD(1920×1080ドット)表示の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載する。ワイヤレスTVデジタルはこの夏モデルより、上記の3波に加えてNTTぷららのネット経由のビデオオンデマンドサービスひかりTVの視聴にも新たに対応し、より幅広く番組が楽しめるようになった。下位のLL370/ESは、本体に地デジチューナーを内蔵しつつ、CPUにCeleron B810(1.6GHz)と上位モデルより控えめな仕様で価格を抑えた、“お手軽地デジノートPC”として展開する。

 LL770/ESは3Dメガネで視聴する偏光板方式の3D立体視にも対応する。3D対応放送やBlu-ray 3D、YouTubeなどに公開される3Dコンテンツのほか、既存のDVD-Videoや動画・静止画ファイルを3Dにリアルタイム変換して視聴できる機能を備える。

 各機種に共通する主なインタフェースは、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Intel WiDi/Intel My WiFi対応 LL370/ESはIEEE802.11b/g/n準拠でIntel My WiFi対応)、1000BASE-T準拠の有線LAN、USB 3.0×2、USB 2.0×3、HDMI出力、アナログRGB出力、マルチメモリカードリーダー(SDXC対応メモリースティック/Pro対応メモリースティック)など。本体サイズは377.3(幅)×265(奥行き)×36.2(高さ)ミリ、重量は約2.9キロ(LL850/ES)。バッテリー動作時間は約2時間(LL850/DS)。

直販サイトではBTOが可能──ハイブリッドSSDなどのメニューも用意

 NECの直販サイト「NEC Direct」では、CPUの種類(Core i7)、SSD+HDDのハイブリッドSSD構成、メモリ容量(最大8Gバイト)、Blu-ray Discドライブ、3D対応液晶ディスプレイ、OSの種類(Windows 7 Professional)など予算や好みに応じたカスタマイズモデルを用意するほか、店頭で高性能な仕様でカスタマイズ注文できる「プラスセレクション」モデルも用意する。


LaVie L店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
LaVie L LL850/ES (4色) 2スピンドル CPU強化 Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 8GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 18万5000円前後
LL770/ES 2スピンドル CPU強化 Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 4GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 21万円前後
LL750/ES (4色) 2スピンドル CPU強化 Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 4GB(DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 17万5000円前後
LL370/ES (2色) 2スピンドル 基本スペック強化 Celeron B810 (1.6GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 13万円前後
LaVie L店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
LaVie L LL850/ES (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 ─ /Office Home and Business 2010 約2.9キロ
LL770/ES 3D対応 15.6型ワイド 1920×1080 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ (ワイヤレス) /Office Home and Business 2010 約2.9キロ
LL750/ES (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 ─ /Office Home and Business 2010 約2.9キロ
LL370/ES (2色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 DVDスーパーマルチ CPU統合 地デジ /Office Home and Business 2010 約2.9キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう