ニュース
» 2011年05月23日 11時39分 UPDATE

“トランスフォーム”なAndroidタブが日本上陸:ASUS、合体してノートPCにもなるAndroid搭載タブレットPC「Eee Pad Transformer」

ASUSは、Android 3.0搭載のタブレットPC「Eee Pad Transformer TF 101」を発表した。着脱式のモバイルキーボードドックが付属し、ノートPCスタイルでも利用できる。

[ITmedia]

 ASUSTeK Computerは5月23日、Android 3.0を搭載したタブレットPC「Eee Pad Transformer TF 101」を発表、6月中旬より販売を開始する。価格は5万9800円(税込み)。

photophotophoto Eee Pad Transformer TF 101

 Eee Pad Transformer TF 101は、1280×800ドット表示対応の10.1型タッチスクリーン液晶を採用したタブレットPC。タブレット型での利用に加え、付属の“モバイルキーボードドック”と合体させることでノートPCモードでの利用が可能となっているのが特徴だ。

 OSはAndroid 3.0を導入。CPUはNVIDIA Tegra 2、メモリは1Gバイトで、ストレージはeMMC準拠のフラッシュメモリを32Gバイト装備した。正面(120万画素)/背面(500万画素)のカメラ、microSDカードリーダー/ミニHDMI出力(タブレット側)、USB 2.0×2/SDカードリーダー(モバイルキーボードドック側)なども利用可能だ。

 本体サイズおよび重量は、タブレット本体が271(幅)×177(奥行き)×12(高さ)ミリ/約680グラム、モバイルキーボードドック側が271(幅)×185(奥行き)×28(高さ)ミリ/約640グラムだ。バッテリー駆動時間は、薄型リチウムポリマーバッテリーを内蔵したモバイルキーボードドック接続時で最長約16時間。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.