ニュース
» 2011年05月30日 16時00分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2011:NVIDIA、ゲーミングノートPC向けハイエンドGPU「GeForce GTX 560M」発表

NVIDIAはハイエンドゲーミングノートPC向けGPU「GeForce GTX 560M」を発表。2ウェイSLIやOptimusテクノロジーをサポートする。

[ITmedia]
photo GeForce GTX 560M+Optimusテクノロジー対応予定とする東芝製ゲーミングノートPC

 NVIDIAは5月29日(現地時間)、ノートPC向けのハイエンドGPU「GeForce GTX 560M」を発表した。

 GeForce GTX 560Mは、1080p解像度でのDirectX 11対応ゲームタイトルを含むハイエンド志向のゲーム利用シーンに訴求し、マルチGPU環境のNVIDIA SLI、外部GPUとCPU統合グラフィックスを自動で切り替えるNVIDIA Optimusテクノロジー、NVIDIA 3D Vision、PhysX、CUDAなどをサポートする。

 主な仕様は、CUDAコア192基、シェーダクロックが1550MHz。グラフィックスメモリはGDDR5で、バス幅は最大192ビット。今後、デルのAlienwareや東芝よりGeForce GTX 560MとNVIDIA Optimusテクノロジー対応モデル、ASUSやMSIよりGeForce GTX 560M搭載モデルが登場する予定としている。

 合わせて薄型軽量ノートPC向けとするエントリークラスのGPU「GeForce GT 520M」も投入する。ASUS、Samsungなど多くのベンダーで採用される予定としている。


photo エントリークラスの「GeForce GT 520M」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう