ニュース
» 2011年05月31日 17時00分 UPDATE

Oak Trail採用:東芝、法人向けの11.6型Windowsタブレット「WT310/C」

東芝は、11.6型ワイド液晶を搭載するタブレット製品「WT310/C」を6月中旬より発売する。Oak Trail世代の基本システムと、企業の既存資産を生かせるWindowsの採用がポイントだ。

[ITmedia]
og_wt310_001.jpg WT310/C

 東芝は5月31日、Windowsタブレット製品「WT310/C」を発表した。価格はオープン。年間25台以上の発注を予定する法人向けの受注生産で、6月中旬より発売する。

 WT310/Cは、静電容量式タッチパネルの11.6型ワイド液晶ディスプレイ(1366×768ドット)を搭載したタブレットPC。基本システムにAtom Z670(1.5GHz)+Intel SM35 Expressチップセットを採用し、2Gバイトメモリと64GバイトSSDを搭載。OSには32ビット版のWindows 7 Professionalをプリインストールする。Windowsのため、これまで社内で利用してきたソフトウェア資産をそのまま利用できるのがメリットだ。

 インタフェースは、SDメモリーカードスロット(SDXC対応)と、USB 2.0、HDMI出力、音声入出力など。本体前面側に有効200万画素、背面側に有効300万画素のWebカメラを内蔵する。また、ネットワーク機能として、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANとBluetooth V3.0を備える。このほか、環境光に応じて画面の明るさを自動調節する「アダプティブディスプレイ」機能や、小型スピーカーの音質を改善する「オーディオエンハンサー」機能を搭載している。

og_wt310_002.jpgog_wt310_003.jpg 本体前面/背面

og_wt310_004.jpgog_wt310_005.jpg 本体上面/下面

og_wt310_006.jpgog_wt310_007.jpg 本体左側面/右側面

 本体サイズは約296.0(幅)×196.0(奥行)×15.8(高さ)ミリ、重量は約915グラム。バッテリーで約6時間の駆動が行える。なお、オプションとしてポート拡張クレードルも用意しており、市販のキーボードなどを接続して利用できる。

og_wt310_008.jpgog_wt310_009.jpg オプションでポート拡張クレードルも用意される

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-