ニュース
» 2011年05月31日 19時01分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2011:“Cedar Trail”でWindows エクスペリエンスインデックスを見る!

“未発表”なサンプルで盛り上がるCOMPUTEX TAIPEI 2011の展示ブース。南港のMSIブースでは“Cedar Trail”を搭載するというタブレットデバイスを発見した。

[長浜和也,ITmedia]

Cedar Trailを導入したというタブレットが、MSIブースでさりげなく展示

 MSIの展示ブースでは、タブレットデバイスも多数展示されている。その中に、インテルが4月にその存在を明らかにしたばかりのAtom対応次世代プラットフォーム「Cedar Trail」を導入したという「WindPad 120W」が公開されていた。

 本体サイズとディスプレイサイズ、解像度、デザイン、本体に搭載するインタフェースなどは、すでに登場しているWindPad A110やWindPad W110と共通するようだ。OSはWindows 7 Professional Service Pack 1を導入している。10.1型ワイドの液晶ディスプレイにはタッチパネルを内蔵し、マルチタッチ操作に対応する。また、Bluetooth 3.0もサポートする。

kn_msi12_01.jpgkn_msi12_02.jpgkn_msi12_03.jpg 説明資料に“Cedar Trail”を搭載すると説明されている「WindPad 120W」は、すでに公開されているほかのWindPadシリーズと同じく、10.1型ワイドのタッチパネル内蔵液晶ディスプレイを搭載する(写真=左)。本体には、Mini USBやドック接続の専用コネクタなどを備える(写真=中央、右)

kn_msi12_04.jpgkn_msi12_05.jpg 展示されていたサンプル機材には、micro SDカードスロットやHDMI出力とともに、SIMカードスロットも備えていた

 資料には、無線LANを利用してワイヤレスディスプレイを実現する「Intel WIDI 2.0」やSRS surround soundにも対応する。また、本体にはGPSを内蔵するほか、SIMカードを用意してHSPAによる高速データ通信も利用できるとある。

 重さやバッテリー駆動時間などの詳細については、後日改めて報告するが、ここでは、展示機材のデバイスマネージャーで確認できたシステム構成と、Windows エクスペリエンスインデックスで示されたパフォーマンスを参考情報として紹介しよう。

kn_msi12_06.jpgkn_msi12_07.jpgkn_msi12_08.jpg 展示機材はOSに32ビット版のWindows 7 Professional Service Pack 1を導入。システムメモリは2Gバイトを組み込んでいる(写真=左)。展示機材でデバイスマネージャーを確認する。CPUの動作クロックは1.86GHzで、4つの論理コアが確認できる。ディスプレイアダプタはGMA 3600シリーズとある。ストレージデバイスはサンディスクの32GバイトSSDを搭載する(写真=中央)。展示機材で確認したWindows エクスペリエンスインデックス。グラフィックスが「5.2」、ゲームグラフィックスも「3.2」とAtomプラットフォームとしては高い値を示している(写真=右)

関連キーワード

MSI | COMPUTEX | Wind Pad | タブレットPC | Atom


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう