ニュース
» 2011年06月03日 14時44分 UPDATE

NEC、Xeon E3を搭載可能なスリムワークステーション

NECは、スリムタワー筐体を採用した省スペース型ワークステーション「Express5800/53Xg」を発表した。

[ITmedia]
photo Express5800/53Xg

 NECは、スリムタワー筐体を採用した省スペース型ワークステーション「Express5800/53Xg」を発表、本日より販売を開始する。構成例価格はCore i3搭載モデルが21万9000円、Xeon E3搭載モデルが49万2000円。

 Express5800/53Xgは、本体幅90ミリのスリム筐体を採用した1Wayタイプの省スペース型ワークステーションで、CPUとしてCore i3-2100またはXeon E3-1225/同-1275/同-1280を装備できる。

 メモリはDDR3メモリを最大16Gバイト、HDDは160Gバイト〜1Tバイト(最大2基)を装備可能。グラフィックス機能はCPU内蔵グラフィックスのほか、Qhadro NVS 300/同 NVS 450/同 2000の装着をサポートした。また拡張スロットはライザー方式となっており、PCI Express x4×1またはPCI×1のいずれかを選択できる。OSはWindows 7 Professional。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.