ニュース
» 2011年06月06日 11時42分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「AMDの盛り上がりに期待してますよ……夏の終わりに」――AMD 990FX搭載マザーが登場! (1/4)

AMDの次世代CPU「Bulldozer」に対応する新チップセット「AMD 990FX」を搭載したマザーボードが登場したアキバ。ただし、肝心のCPUは姿を見せる気配がなく、多くの店員さんが首を長くしていた。

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「楽しみを後ろにとっておきすぎ」――AMD 990FXマザー登場で、やきもき度もアップ?

og_akiba_001.jpg ソフマップ秋葉原本館のAMDマザーコーナー

 先週、AMDの新チップセット「AMD 990FX(+SB950)」を搭載したマザーボードが、ギガバイトから登場した。上位から順に「GA-990FXA-UD7」「GA-990FXA-UD5」「GA-990FXA-UD3」の3モデルで、価格はそれぞれ2万6000円弱と2万円弱、1万6000円弱となる。在庫は潤沢だ。

 AMD 990FX+SB950は、従来モデル「890FX+SB850」の後継チップセットで、AMD製では初めてNVIDIA SLIをサポートし、コードネーム「Bulldozer」で知られる次世代CPUに対応する。最大6基のSATA 3.0ポートが利用できるのは従来モデルと同じだ。マザーボードのソケット形状はSocket AM3+で、現行のPhenom IIやAthlon IIなど、Socket AM3対応CPUも搭載できる。

 今回登場した3モデルはすべてATXサイズで、最上位のGA-990FXA-UD7は6基のPCI Express x16スロット(うちx16/x8/x4動作が2基ずつ)を備え、外部チップ(Marvell 88SE9172)を含めて10基のSATA 3.0ポート(うちeSATAが2基)を搭載する。1つ下のGA-990FXA-UD5は、ここからPCI Express x16スロットが5基(x8動作が1基、x16/x4動作が2基)に、下位のGA-990FXA-UD3は4基(x16/x4動作が2基ずつ)に減る。また、GA-990FXA-UD3はSATA 3.0ポートが8ポート、USB 3.0は4サポートになる。

※記事初出時、GA-990FXA-UD3の仕様に関する記述に誤りがありました。おわびして訂正いたします。

 AMD 900シリーズチップセットを搭載するマザーは、今回が初めての登場となるが、売れ行きはいまひとつの様子。入荷したソフマップ秋葉原本館は「なにしろBulldozerが登場していませんから。チップセット自体の進化はSLI対応以外あまり目立たないので、やはり次世代CPUありきでヒットするマザーだと思います。現行のPhenom IIが載せられるとはいえ、主役がいつ出るか分からない状況では買う人も少ないでしょう。いまは待つしかありませんね」と、さっぱりした表情で話していた。

 AMDの次世代CPUのウワサは、Socket AM3+に対応した“黒ソケット”マザーが出回り始めた春ごろから広がっており、当初は「うまくいけば6月に出てくるのでは」とささやかれていた。ただし、いまは8月登場説が主流だ。某ショップは「8月中には確実に登場するようです。日本市場がある程度重視されているなら、お盆前には出てくるでしょう。BulldozerはAMD製CPUとしては久々の話題作ですし、待っている人も多いです。タイミングよく供給量も安定したらヒットするはずなので、誰もが早めの登場を期待していると思いますよ。まあ、AMDの目玉はずるずる遅れるのが普通なので、いまはのんびり待っている人が多いんじゃないでしょうか」と話していた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpg ギガバイト「GA-990FXA-UD7」(写真=左)。ギガバイト「GA-990FXA-UD5」と「GA-990FXA-UD3」(写真=右)

※記事初出時、製品名に一部誤りがありました。おわびして訂正いたします。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう