ニュース
» 2011年06月06日 17時00分 UPDATE

Lion+5+Cloud=WWDC:アップル開発者会議、間もなく開幕!

WWDC 2011の会場に掲げられた巨大横断幕に「OS X Lion+iOS 5+iCloud=WWDC」の文字。ジョブズCEOがオープニングを飾る基調講演の内容を予想してみよう。

[林信行,ITmedia]
og_wwdc_001.jpg WWDC 2011の基調講演が行われるMoscone West

 アップルが毎年開催している開発者向けイベント、Worldwide Developers Conference 2011(WWDC 2011)が、間もなく開幕する。オープニングを飾る基調講演は、日本時間の7日午前2時だ。

 基調講演は、病気療養中だったスティーブ・ジョブズCEOが行う予定で、テーマはMacの最新OS「Mac OS X Lion」、iPhone/iPod touch/iPadが搭載するOSの次期バージョンである「iOS 5」、そしてアップルが最近大きな資金をつぎ込んで名前の権利を買収したクラウドサービス「iCloud」の3つになる模様だ。

 WWDCは、アップル製品向のアプリケーションから、サービス、アクセサリー、企業などに納品するシステムインテグレーターまで、サードパーティが世界中から集まってくるイベントだ。数年前まではMacの今後の動向や、関連の開発情報が発表される場所だったが、2007年のiPhone発表以後は、iOSの話題が増え、2010年はほとんどiPhoneの話題に終始していた。

 その2010年のWWDCで、唯一触れられたMacの話題がMac OS X Lionで、この時点では名前が明かされただけに止まっていたが、2011年夏リリースという予告通り、間もなく登場すると思われる。今回はその詳細を紹介することになりそうだ。

 Mac OS X Lionについては、2010年秋の「Back to Mac」というイベントで初めて詳細が明らかにされたが、これまでのiPadの大成功に学び、iPadらしい操作性などをMacに取り込んでいるのが大きな特徴になる。いくつかの特徴的機能についてはすでにWWDC以前の時点で、アップルの公式サイトでも触れられている。なお、インターネット上では、今回のMac OS X Lionから、OSそのものがMacの新しいソフトウェア流通マーケット、Mac App Storeを通して配布されるというウワサもある。

og_wwdc_002.jpgog_wwdc_003.jpg

 一方、iOS 5については、まだ公式な情報はいっさい出ておらず、どういった機能が特徴になるかも憶測でしか語られていない。

 筆者としては、iPadとMacBook Airがかなり競合する関係になってきたことや、後述するiCloudとの連携も可能になったことから、もしかしたら“iOS搭載デバイスを使う前に1度PCに接続する”という作業を省略して、“そのままiPhone/iPadが使えるようになる”のではないか、と期待している。

 また、これまではPCとiPad/iPhoneでファイルをやりとりする方法がアプリケーションごとにバラバラで不便だったが、非常に簡単にファイルをやり取りする機能としてMac OS X Lionが採用予定の「AirDrop」を、ここにも採用するのではないかと考えている。

 このほか、iOSがウィジェットを採用することや、さらに進んだマルチタスクを採用することもウワサされている。ただし、常に通信を続けるウィジェット機能や、必要以上のマルチタスクを行うことは、Android端末同様に、バッテリー駆動時間を著しく減らしてしまう可能性が高い。現在、Android端末と比べた際のiPhone 4の優位性に、バッテリー駆動時間の長さがあることを考慮すれば、わざわざそれを損なうことはしないのではないか、あるいは、かなり工夫を凝らして、デメリットを抑えた形で搭載してくるのではないかと思う。

og_wwdc_004.jpg 「OS X Lion+iOS 5+iCloud=WWDC」と書かれたバナー

 3点目のiCloudについては、アップルがデータセンター用に広大な敷地を買収していることが分かっており、何かこれまでの「.mac」や「MobileMe」とは異なるレベルのサービスを展開することが期待できそうだ。

 アップルは、まるで自らを背水の陣に追い込むように、最近は米国のビジネス誌FORTUNEの取材に応え、不評だったMobileMeの担当チームが、どれほど叱咤(しった)されたかを紹介させている。そんなことを考えても、今度のiCloudにはかなり真剣に取り組んでいるようだ。

 iCloudが提供する機能については、これまでβ版として提供してきた「iWork.com」による書類共有サービスや、汎用ストレージの「iDisk」を継承する機能の用意が考えられる。また、アップルがApple TVでしきりに強調してきた「内蔵HDDをなくすことで、わずらわしい残り容量を気にする問題から解放してくれた」というメッセージを思い起こすと、iTunesで購入した音楽やビデオがストリーミングで見られるようにするサービスなども想像できる。

og_wwdc_005.jpg 開幕前日の夕方にはすでに基調講演を待つ人の列ができはじめていた

 アップルが、事前に講演内容を予告するのは、少し珍しいケースだ。おそらく、講演の大枠を変えることはないが、その中身にはかなりの自信を持っていることだろう。

 アップルは、それまで決定打がなかった業界に切り込み、あっという間にリーダーの座を奪うのが得意な企業でもある。音楽プレーヤーもそうだったし、スマートフォンもそうだった。これまでインターネット系のサービスは苦手と言われ続けたアップルだが、もしかしたらクラウドでも“目からうろこ”のサービスを発表して一気に王座を取ってしまうのだろうか? すべてはもうすぐ明らかになる。

 WWDCの会場には巨大横断幕に「OS X Lion+iOS 5+iCloud = WWDC」と書かれていた。今年のテーマがこの3つであることは間違いないが、それぞれの発表に用意された内容にはかなり期待が持てそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-