ニュース
» 2011年06月07日 10時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:“スグつくTV”とPS3連携の3D対応、24型大型画面の高性能地デジPC──「VAIO L」

ソニーの「VAIO L」は、大画面+薄型ボディ+テレビ機能“ほぼ全部入り”を特徴とする高性能志向の液晶一体型デスクトップPCだ。PC起動なしに地デジがすぐ起動する「スグつくTV」機能を備える。

[ITmedia]

テレビ機能“ほぼ全部入り”、デザイン性にも優れる24型フルHD液晶の高性能液晶一体型

photo ソニー「VAIO L(VPCL229FJ)」

 24型ワイドの大型画面が特徴のテレビ機能フル搭載液晶一体型デスクトップPC「VAIO L」は、ボディデザインを2011年春モデルより継承し、「高画質+機能豊かな3D機能」と「2台目テレビ需要を担う独自のテレビ機能」を軸に、全4モデルにラインアップを強化して展開する。

 ラインアップは3D立体視+3波チューナー+Core i7-2630M+8Gバイトメモリ+GeForce GT 540M搭載の最上位モデル「VPCL229FJ」(ブラック)、VPCL229FJ/Bから4Gバイトメモリ+GeForce 315Mに変更した「VPCL227FJ」(ホワイト)、VPCL227FJ/Wから3D非対応+CPU統合グラフィックス仕様とした「VPL225FJ」(ブラック/ホワイト)、テレビチューナーを搭載しない低廉モデル「VPCL224FJ」(ホワイト)の4モデル。VPL225FJのみ2色のカラーバリエーションより選択できる。

 発売は2011年6月11日より順次(VPCL229FJ/Bのみ7月16日発売)。価格はオープン、実売価格は上から順に約25万円、約22万円、約19万円、約17万円と予想される。

 PCとしての主な仕様は、Sandy Bridge世代のCore i7(下位モデルはCore i5)、8Gバイトのメインメモリ(最上位モデルのみ)、2TバイトのHDD、光学ドライブはBlu-ray Discドライブ、フルHD(1920×1080ドット)表示対応の24型ワイドのLEDバックライト搭載液晶ディスプレイなどを搭載する。特に上位モデルは3D立体視対応+タッチ操作を可能とする「VAIOディスプレイプラス」+外部GPU(GeForce GT 540MかGeForce 315M)も搭載し、PCとしての高い基本性能と“高機能テレパソ”としての使い勝手を両立させている。


photophotophotophoto 左からVPCL229FJのブラック(1色のみ)、VPCL227FJのホワイト(1色のみ ディスプレイベゼルはブラック)、VPL225FJのブラックとホワイト(ディスプレイベゼルもホワイト)

 上位モデルに備える3D立体視機能は、同社製テレビ BRAVIAシリーズに通じるフレームシーケンシャル方式を採用する。3D映像のコントロールに必要な3Dエミッターを本体へシンプルに内蔵しつつ、バックライトコントロールによりクロストーク(左右の映像がぶれて見えてしまう3D映像特有の現象)を低減する技術などにより、フルHD解像度で高画質な3D映像を楽しめる。また、3D対応HDMI入力端子の採用により、PlayStation 3と接続して3Dゲームタイトルを楽しむ機能や、タッチパネル搭載である点も活用した3D対応手書きお絵かきソフト「Family Paint 3D」をプリインストールする。

 テレビ機能は、3波(地上/BS/110度CS)デジタル対応のダブルチューナーやダブル長時間録画、Blu-ray Disc記録、DTCP-IPサーバー機能による録画番組の家庭内ネットワーク配信、3D対応番組の視聴、お出かけ転送/チャプター再生など“地デジPC”として望まれる機能をほぼすべて備えつつ、春モデルで評価の高かった「スグつくTV」も継承して搭載する。スグつくTVは、地デジチューナーをプラス1基別に備えることでPC電源オフの状態からでも約5秒でテレビを起動できる機能。PCでも家庭用液晶テレビのようにサッと利用できる使い勝手を実現する。

 なお、今回の2011年夏モデルよりDLNA系アプリケーションをWindows Media Centerに1本化し、より簡単に軽快な操作性でネットワーク配信系機能を利用できるよう仕組みを変更した。これまでの統合アプリケーション“VAIO Media plus”に変わり、デジタルテレビ番組のネットワーク配信のみ配信(DTCI-IPサーバ)機能を担う「Giga Pocket Digital」と受信(DTCP-IPクライアント)機能の「VAIOホームネットワークビデオプレーヤー」で利用する、短目的でよりシンプル・簡単に利用できる構成に変更された。



photo VAIOオーナーメードモデルは、ピンク/パープル/ブルー/グリーンのカラーフレーム仕様にカスタマイズできるメニューも用意する

 直販サイト「ソニーストア」では、CPUや液晶ディスプレイ、搭載メモリ/HDD、テレビチューナー、プリインストールソフトウェア、保証サービス期間などをカスタム注文できるVAIOオーナーメードモデルを用意する。ソニーストア限定カラーや液晶一体型PCで初となるメッセージ刻印サービスなど、同ストア独自のメニューも展開する。


VAIO L店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO L VPCL229FJ/B (ブラック) 液晶一体型 3D対応追加モデル Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 8GB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 25万円前後
VPCL227FJ/W (ホワイト) 液晶一体型 HDD強化 Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 4GB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 22万円前後
VPCL225FJ/WI・BI (2色) 液晶一体型 HDD強化 Core i5-2410M (2.3GHz/最大2.9GHz) 4GB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 19万円前後
VPCL224FJ/WI (ホワイト) 液晶一体型 テレビなし追加モデル Core i5-2410M (2.3GHz/最大2.9GHz) 4GB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 17万円前後
VAIO L店頭モデルの概要 (その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO L VPCL229FJ/B (ブラック) 24型ワイド (3D対応、タッチパネル) 1920×1080 Intel HM65 Blu-ray Disc GeForce GT 540 3波デジ×2、地デジ×1/Office Home and Business 2010 約12キロ
VPCL227FJ/W (ホワイト) 24型ワイド (タッチパネル) 1920×1080 Intel HM65 Blu-ray Disc GeForce 315M 3波デジ×2、地デジ×1/Office Home and Business 2010 約11.7キロ
VPCL225FJ/WI・BI (2色) 24型ワイド 1920×1080 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2、地デジ×1/Office Home and Business 2010 約11.7キロ
VPCL224FJ/WI (ホワイト) 24型ワイド 1920×1080 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 −/Office Home and Business 2010 約11.7キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.