ニュース
» 2011年06月07日 10時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:新色“ボルドー”を追加した11.6型モバイルノート――「VAIO Y」

低価格帯のモバイルノートPC「VAIO Y」シリーズは2機種を用意。AMDモデルの「VAIO Y(YB)」のみを店頭販売し、インテルCPUモデルの「VAIO Y(YA)」は直販のみで取り扱う。

[ITmedia]

店頭モデルの「VAIO Y(YB)」は基本スペックを強化

photo 店頭販売向け標準仕様モデルの「VAIO Y(YB)」シリーズ

 ソニーは6月7日、1366×768ドット表示の11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「VAIO Y」シリーズの2011年夏モデルを発表した。2011年6月11日に発売する。今回のモデルでは、「VAIO Y(YB)」シリーズのみを店頭販売し、「VAIO Y(YA)」シリーズはソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルのみで取り扱う。「VAIO Y(YB)」のカラーバリエーションはグリーン、ピンク、シルバーの3種類。価格はオープンで、実売価格は9万円前後と予想される。

 VAIO YシリーズはNetbookの上位に位置する、エントリークラスのモバイルノートPC。YBシリーズは、AMDプラットフォームを採用したモデルだ。AMDのFusion APUであるE-350(1.6GHz)+Radeon HD 6310を装備し、チップセットはAMD A50M Fusionを搭載する。光学ドライブは内蔵しない。

 今回のモデルは、コストパフォーマンス重視の仕様を引き継ぎつつ、基本スペックを強化するマイナーチェンジとなった。HDD容量が320Gバイトから500Gバイトに増量されているが、そのほかの基本スペックやデザインは2011年春モデルからの変化はない。

 バッテリー駆動は標準で約6時間。本体サイズは290(幅)×202.8(奥行き)×25〜31.5(高さ)ミリ、重量は約1.46キロだ。OSは32ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートはOffice Home and Business 2010をプリインストールする。直販のVAIOオーナーメードモデルは用意しない。

photophotophoto カラーバリエーションはグリーン、ピンク、シルバーの3種類

「VAIO Y(YA)」のカラーバリエーションにボルドーが登場

photo 直販モデルの「VAIO Y(YA)」シリーズの新色“ボルドー”

 VAIO Y(YA)シリーズは、スペックをカスタマイズできるソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデル限定の販売となる。AMDのFusion APUを搭載するYBシリーズに対し、YAシリーズはインテル製CPUを搭載するモデルだ。今回は新色として“ボルドー”が選べるようになった。基本スペックはCore i5-470UM(1.33GHz/最大1.86GHz)や8Gバイトメモリ、256GバイトSSDなどから選べる。OSは64ビット版Windows 7 Home Premiumで、価格は5万9800円から。

※メーカーより、VAIO(YA)の新カラーについて修正がありました(2011年6月10日/PC USER編集部)。


VAIO Y(YB)店頭モデルの概要(その1)
VAIO Y VPCYB29KJ/S・P・G (3色) 1スピンドル HDD強化 E-350 (1.6GHz) 2GB (DDR3) 500GB 32ビット版7 Home Premium (SP1) 9万円前後
VAIO Y(YB)店頭モデルの概要(その2)
VAIO Y VPCYB29KJ/S・P・G (3色) 11.6型ワイド 1366×768 AMD A50M Radeon HD 6310 (CPU統合) Office Home and Business 2010 約1.46キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう