ニュース
» 2011年06月15日 19時05分 UPDATE

日本上陸:4万円を切る10.1型Android 3.0搭載タブレット「ICONIA TAB A500」

日本エイサーの「ICONIA TAB A500」が7月上旬に登場する。Tegra 2+Android 3.0を搭載する10.1型ワイド(1280×800ドット)のタブレット端末だ。

[ITmedia]

買ってスグにHD動画やゲームが楽しめるAndroidタブレット

og_acer_001.jpg ICONIA TAB A500

 日本エイサーは6月15日、Android 3.0を搭載したタブレット「ICONIA TAB A500」を発表した。価格は3万9800円で、7月上旬より発売する。

 ICNONIA TAB A500は、基本システムにデュアルコアのTegra 2(1GHz)を採用し、OSにAndroid 3.0を搭載する10.1型ワイドのタブレット端末(すでに海外では発売済みの製品で、ローカライズやプリインストールアプリの関係から国内への投入が遅れていた)。静電容量式のタッチパネルを採用したディスプレイは1280×800ドット表示に対応し、システムメモリとして1GバイトのDDR2メモリを、ストレージ領域として16GバイトのSSDを内蔵する。また、SDHC対応のmicroSDスロットやUSB 2.0ポート(Type A)を搭載しており、接続した各メディアをストレージとして利用可能だ。このほか、本体前面側に200万画素カメラ、背面側にAF機能付きの500万画素カメラを内蔵し、静止画だけでなく720pでの動画撮影にも対応する。

 本体サイズは、260(幅)×177(奥行き)×13.3(高さ)ミリ、重量は約765グラム。24.1ワットアワーのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、HD動画再生時で約8時間のバッテリー動作が行える。

og_acer_002.jpg 背面にはヘアライン加工が施されている

 ICNONIA TAB A500の特徴は、購入してすぐにゲームや動画を楽しめる点だ。画面の輝度を自動調整する照度センサーに加えて、レーシングゲームなどに最適な6軸ジャイロセンサーや加速度センサー、位置情報センサーとしてイーコンパスやGPSを内蔵しており、プリインストールされたゲーム(「Need for Speed Shift」「レッツ!ゴルフ」「ヒーローオブスパルタ トライアル版の3タイトル」)や、Android Marketからダウンロードした各種アプリを利用できる。

 また、外部映像出力としてHDMI端子を、サウンド機能としてドルビーモバイルを搭載しており、付属のHDMIケーブルを使ってICNONIA TAB A500に格納されたコンテンツをテレビなどに出力して楽しめるほか、同社のスペシャルサイト「acer2U」で順次配信予定の人気アニメ「APPLESEED XIII」(13話)を無料でダウンロードできる。

 そのほかのソフトウェアとして、Android標準アプリに加え、メディアブラウザの「clear.fi」や写真閲覧・管理アプリの「フォトブラウザ 3D」、電子書籍リーダー「Docs To GoLumiRead」、SNS統合管理アプリ「Social Jogger」なども用意されている。また、日本語IMEとしてICNONIA TAB A500に最適化された「simeji for ICONIA TAB」がプリインストールされており、フリック入力をはじめさまざな入力方式に対応、スキンの着せ替えやキートップの変更などデザインを自分好みにカスタマイズ可能だ。

 なお、リモコンやヘッドフォン端子などを搭載する、本体の充電が可能な専用ドッキングステーションもオプションで用意される。こちらも7月上旬に発売され、価格は6000円前後になる見込みだ。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-