ニュース
» 2011年06月27日 15時00分 公開

7月12日開始、キーバインド設定や画面キャプチャー機能など:「LifeTouch NOTE」の機能を改善、無償アップデート実施

NECは、キーボード付きAndroidデバイス「LifeTouch NOTE」の機能改善ソフトウェアを7月12日に公開。いくつかの機能やUIを改善・追加し、利便性を向上させる。

[ITmedia]

キーボード右側のキーバインド設定などが可能に

photo NECのAndroidポケットノート「LifeTouch NOTE」

 NECは、キーボード搭載Androidポケットノート「LifeTouch NOTE」の機能改善ソフトウェアを2011年7月12日に公開すると告知した。

 LifeTouch NOTEは、7型ワイドのタッチパネル付きディスプレイとハードウェアキーボード+ATOK搭載で重量699グラムの小型ボディを特徴とするAndroid 2.2搭載モバイルデバイス。今回の機能追加・改善ソフトウェアは、(OSのバージョンアップは行われないが)ユーザー要望を反映した操作性、利便性向上のための修正を施した。追加・改善内容は以下の通り。

  1. 右側キーバインド機能を追加
  2. 画面キャプチャーアプリを追加
  3. テザリングオン/オフウィジェットを追加(3Gモデルのみ)
  4. 無線LANの接続再開時間を高速化
  5. Homeボタン長押し時間調整を可能に
  6. 電源ボタン長押し時間調整を可能に
  7. バッテリー残量を%表示可能に
  8. SDメモリーカードの取り外し手段を容易に
  9. MacアドレスをWi-Fi設定画面に表示

 「右側キーバインド機能」の追加により、これまでの左側のキー(Menu、Fn、Ctrl)に加えて、右側の「Insert」「ろ」「↑」「←」「カタカナひらがな」キーでも機能割り当てを変更・追加できるようにした。新たに右Shiftのアサインも可能となり、例えばInsertキーに右Shiftを割り当てて使い勝手の向上が図れる。

 「画面キャプチャー」は、これまでやや方法が難しかったAndroidデバイスの画面キャプチャー撮りを容易にできるよう、Androidアプリケーションとして提供するもの。F12キーにより、JPEGかPNGで保存できる。

 「テザリングオン/オフウィジェット」は、3Gデータ通信をほかの無線LAN機器で共有できるテザリングの機能の有効/無効を容易に制御できるようにするツール。FOMAモジュール内蔵モデル“NA75F/1A”のみの機能となる。

 また、スリープ状態から復帰した際の無線LAN再接続完了までの時間が短縮されるよう改善した。接続時間は原則として電波状況や接続する無線LANルータの機種などに応じて変動するものだが、同一条件下で検証した同社テストによるとこれまでより30〜60%ほど短縮されたとしている。

 適用は、公開日以降にオンラインアップデートより「端末のアップデートサポート」アプリケーションをインストールし、端末よりインターネット接続状態で起動して行う。同アプリケーションの起動により121wareよりデータ自動ダウンロード→アップデート適用処理が行われる。


photophotophoto キーボード右部「Insert」「ろ」「↑」「←」「カタカナひらがな」のキーアサインを入れ替えられるようになり、かついずれかの機能の代わりに右Shiftを割り当てられるようになった。このほか、画面キャプチャーアプリの提供(F12キーでJPG/PNG保存)、バッテリー残量の%表示、キー長押し時間の調整(0.5、1、1.5、2秒/これまでは2秒固定)なども設定可能となった


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう