ニュース
» 2011年06月28日 15時10分 UPDATE

人の行動パターンを学習して実施:遠隔地のPCも自動で省エネ制御、KDDIの法人向け「PCリモートサービス/PC節電管理」

KDDIは、社内クライアントPCを管理する法人向けSaaSサービスに省電力化を自動実施する新メニューを追加。利用者個々の行動パターンを学習し、自動的に電力制御を実施できるという。

[ITmedia]
photo PCリモート管理サービスの概要

 KDDは、業務PCを一括管理できる法人向けサービス“PCリモート管理サービス”に新メニュー「PC節電管理(エネパルPCパック)」を追加する。2011年6月29日に提供を始める。

 PC節電管理メニューは、社内PC利用者それぞれの行動パターンを学習し、自律的に省エネルギー制御を行うサービス。PC1台単位の消費電力と二酸化炭素排出量を自動モニタリングし、日/月ごとに「電力使用量の見える化」を実現する。利便性を保ちつつむだな電力を削減できる、最適電源制御アルゴリズムによる自律制御機能を大きな特徴とし、管理者が全PCの消費電力量や推定削減量を収集できるほか、組織単位での実績推移や比較データの管理も行える。利用料金は管理クライアント50〜ら100台の場合で初期費21万3150円、年額8万4000円から。

 基本となるPCリモート管理サービスは、社内外の管理対象PCを「PC資産管理」「PC操作ログ」「ウイルス対策」「遠隔PCデータ削除」といったことをインターネットを介して一元管理できるSaaSサービス。30日無料で試せるトライアルサービスも用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう