ニュース
» 2011年07月04日 11時00分 UPDATE

ASUS、「A75」マザーボードをATXからMini ITXまで

ASUSは、A75チップセット搭載マザーボード7モデルを7月2日から順次出荷する。

[ITmedia]

ASUSのA75マザーはミドルレンジからMini ITXで展開

 ASUSが今回投入するA75搭載マザーボードは、「F1A75-V EVO」「F1A75-V PRO」「F1A75-M PRO」「F1A75-M」「F1A75-M LE」「F1A75-I Deluxe」「F1A75-I」の7モデルだ。すべてのモデルでUnified EFIを導入したASUSオリジナルの設定インタフェース「EFI BIOS」を採用し、グラフィカルな操作画面で作業を容易にした。従来のBIOS画面と共通するAdvanced Mode、システムのメモリ容量やCPUの動作クロックを分かりやすく表示するEZ Modeをそなえる。

 「F1A75-V EVO」は、ATXフォームファクタ準拠のミドルレンジモデルで、拡張スロットにPCI Express x16対応を3基搭載するのが特徴だ(ほかにPCI Express x1対応が2基、PCI対応が2基)。映像出力インタフェースは、HDMI、DVI-D、DisplayPort、アナログRGBを備える。また、6基のUSB 3.0と7基のSerial ATA 6Gbps(ほかに、eSATA 6Gbpsを1基)が利用できる。出荷開始は7月下旬の予定で、実売予想価格は1万5000円前後になるとみられる。

 「F1A75-V PRO」も、ATXフォームファクタ準拠のモデルで、拡張スロットとしてPCI Express x16対応を2基、PCI Express x1対応を2基、そして、PCI対応を3基搭載する。映像出力インタフェースは、HDMI、DVI-D、DisplayPort、アナログRGBを備える。6基のUSB 3.0と7基のSerial ATA 6Gbps(ほかに、eSATA 6Gbpsを1基)が利用できるのはF1A75-V EVOと同様だ。出荷開始は7月2日からで、実売予想価格は1万3000円前後になるとみられる。

kn_asusa75_01.jpgkn_asusa75_02.jpg 「F1A75-V EVO」(写真=左)に、「F1A75-V PRO」(写真=右)

 「F1A75-M PRO」は、micro ATXフォームファクタ準拠のモデルで、拡張スロットとしてPCI Express x16対応を2基、PCI Express x1対応を1基、そして、PCI対応を1基搭載する。映像出力インタフェースは、HDMI、DVI-D、アナログRGBを備える。6基のUSB 3.0と6基のSerial ATA 6Gbpsが利用できる。出荷開始は7月2日からで、実売予想価格は1万2500円前後になるとみられる。

 「F1A75-M」もmicro ATXフォームファクタ準拠のモデルで、搭載する拡張スロットはPCI Express x16対応が2基、PCI Express x1対応が1基、PCI対応が1基と、F1A75-M PROと共通する。映像出力インタフェースは、HDMI、DVI-D、アナログRGBを備える。利用できるUSB 3.0は4基、Serial ATA 6Gbpsは6基が利用できる。出荷開始は7月下旬の予定で、実売予想価格は1万1500円前後になるとみられる。

 「F1A75-M LE」もmicro ATXフォームファクタ準拠のモデルで、拡張スロットとしてPCI Express x16対応を2基、PCI Express x1対応が1基、PCI対応が1基と、F1A75-M PROと共通する。映像出力インタフェースは、DVI-D、アナログRGBを備え、HDMIには対応しない。4基のUSB 3.0と6基のSerial ATA 6Gbpsが利用できるのはF1A75-Mと同様だ。出荷開始は7月下旬の予定で、実売予想価格は1万円前後になるとみられる。

kn_asusa75_03.jpgkn_asusa75_04.jpg 「F1A75-M PRO」(写真=左)に「F1A75-M」(写真=右)

 「F1A75-I Deluxe」は、Mini ITXフォームファクタ準拠のモデルで、拡張スロットとしてPCI Express x16対応を1基搭載する。映像出力インタフェースは、HDMI、DVI-D、DisplayPortを備え、アナログRGBには対応しない。4基のUSB 3.0と4基のSerial ATA 6Gbpsが利用できる。出荷次期は8月以降の予定で、実売予想価格は未定となっている。

 「F1A75-I」も、Mini ITXフォームファクタ準拠のモデルで、拡張スロットとしてPCI Express x16対応を1基搭載する。映像出力インタフェースは、HDMI、DVI-D、アナログRGBを備え、DisplayPortには対応しない。4基のUSB 3.0と4基のSerial ATA 6Gbpsが利用できるのはF1A75-I Deleuxeと同じだ。出荷次期は8月以降の予定で実売予想価格は未定となっている。

 なお、Mini ITXフォームファクタモデルについては仕様が確定しておらず出荷までに変更される可能性があるとASUSは説明している(そのため、製品画像も公開されていない)。

関連キーワード

マザーボード | ASUS | Llano | mini-ITX | microATX | 自作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう